« ベルリンの壁-ドイツ分断の歴史 | トップページ | 1848年の社会史―ウィーンをめぐって »

2013年9月 4日 (水)

江ノ電の100年

130904_001
江ノ電開業100周年記念として平成14年9月に刊行され、江ノ電のオフィシャル史料とされている。
一般販売はされなかったものだが、古書店で見つけたので即入手。

目次
ごあいさつ
写真で振り返る江ノ電の100年
■本編
第1部 前史
第1章 江之島電気鉄道発足まで
 1.鉄道の開通と湘南の発展
 2.電気鉄道の登場
 3.湘南地区の私設電気鉄道建設計画
第2章 江之島電気鉄道設立へ〜全線開業
 1.開業までの道程
 2.藤沢−片瀬間開業
 3.第二期開業〜全線開業
第3章 電力会社営業期
 1.横浜電気 江之島電気鉄道部
 2.東京電灯 江之島線
第2部 本史I(沿革)
第1章 江ノ島電気鉄道株式会社設立
 1.東海と地電気から江ノ島電気鉄道へ
 2.事業計画の策定
第2章 事業の確率と展開
 1.東京電灯江之島線を譲受
 2.主体事業の確立
 3.経営改革促進による反省と効果
 4.バス事業の本格化
第3章 戦時体制の強化と交通事業調整
 1.東京横浜電鉄の経営傘下
 2.自動車事業の休止
 3.地方鉄道への転換と輸送の確保
第4章 戦後の転身と社名変更
 1.東急傘下から小田急グループへ
 2.鎌倉駅西口乗入れ
 3.江の島の開発
第5章 バス事業の再開と拡張
 1.バス事業の再開
 2.路線網の拡張と営業所の再編成
 3.刊行輸送を担うバス事業
第6章 不動産事業の開業と鉄道事業の近代化
 1.不動産事業の開業
 2.鉄道の近代化に着手
第7章 多角経営の効果
 1.鉄道近代化の効果と苦境の克服
 2.バス事業の隆替
 3.観光事業の充実
 4.不動産事業の飛躍
 5.江ノ電グループの形成
第8章 江ノ電ビルの建設と関連事業展開
 1.江ノ電ビルの建設と藤沢駅の高架化
 2.ビル関連事業への取り組み
第9章 事業艦橋の充実と経営努力
 1.鉄道事業への積極対策
 2.外部協調による効果
 3.職場環境の充実と作業の効率化
 4.経営努力と労使協調
第3部 本史II(元凶と展望)
第1章 各事業の現況
 1.鉄道事業
 2.バス事業
 3.不動産事業
 4.観光事業
第2章 明日に向かって
 1.課題の克服と明日への期待
 2.恵まれた事業艦橋と広報活動の充実
■資料編
■年表
参考文献・協力者
あとがき

2002年9月1日発行
江ノ島電鉄株式会社開業100周年記念誌編纂室/編
江ノ島電鉄株式会社

|

« ベルリンの壁-ドイツ分断の歴史 | トップページ | 1848年の社会史―ウィーンをめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電の100年:

« ベルリンの壁-ドイツ分断の歴史 | トップページ | 1848年の社会史―ウィーンをめぐって »