« 映画の中のベルリン、ウィーン | トップページ | 時の娘 »

2013年8月28日 (水)

横須賀軍港めぐり

6月21日のNHK総合「首都圏ネットワーク」で「YOKOSUKA軍港めぐり」が紹介されましたが、きょう、厚木基地で飛ぶ米軍機がとてもうるさかったので、ふだん搭載している原子力航空母艦を見に行ってきました。
米軍施設、自衛隊施設など、ふだんは入れない施設を船上から眺めることができます。
所要時間45分。
画像は必ずしもルート順ではありません。

汐入の桟橋に着くと、ちょうど2時のクルーズが出発する直前で、間に合うというのであわててチケットを購入し、クルーズ船「Sea Friend V」に乗り込む。
130828_001  130828_002
軍港めぐりコース図と軍港めぐりの桟橋

130828_101
「Sea Friend V」は、横須賀本港楠ケ浦地区の第2潜水隊群、米海軍施設、船越地区の自衛艦隊司令部、長浦地区の掃海隊群司令部、横須賀地方総監部などをめぐる。
130828_111
手前は海自潜水艦、奥は米海軍イージス艦

130828_112  130828_113
米海軍イージス艦「DDG-89 Mustin,」と「DDG-54 Curtis Wilbur」
130828_114  130828_115
米海軍イージス艦「DDG-89 Mustin,」と「DDG-54 Curtis Wilbur」

130828_121
米海軍のホテルシップ

130828_131  130828_132
米海軍潜水艦、これだけ表に見えるように停泊しているので、原潜ではないのでしょう。
130828_341

130828_141
米沿岸警備隊ハミルトン級カッター(Hamilton class cutter)「WHEC-724 NUMRO」
そして、沿岸警備隊の巡視船が来ているのは、知らなかった。
130828_142  130828_143
米沿岸警備隊ハミルトン級カッター「WHEC-724 NUMRO」と米海軍ミサイル駆逐艦「 DDG-62 Fitzgerald」
130828_144  130828_145
米沿岸警備隊ハミルトン級カッター「WHEC-724 NUMRO」と米海軍ミサイル駆逐艦「 DDG-62 Fitzgerald」
130828_152

130828_151  130828_153
米ミサイル巡洋艦「CG-67 Shiloh」、そして12号バースあたり
130828_161  130828_163
2番艦、名称は?
130828_162
米海軍横須賀海軍施設

周辺地域に騒音と事故の不安をまき散らしている艦載機を厚木におろした米海軍ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」の、どでかい姿を見ることができた。
130828_201  130828_202
ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」、全長333m、全幅76.8m
130828_203  130828_204
ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」と米海軍施設、乗員は約5,000人
130828_205  130828_206
ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」、艦載機は85機
130828_207  130828_208
ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」、排水量104,178トン
130828_209  130828_210
ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」、航海に出て1週間で帰投したそうな
130828_211  130828_212
ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「CVN-73 George Washington」、艦載機F-18が見える、そして艦橋

130828_221  130828_222
東京湾に出ると、艦の安全のため船体消磁をする施設「横須賀消磁所」が見える
130828_231  130828_232
住友重機械マリンエンジニアリングの造船所、日産追浜工場に接岸している自動車運搬船
130828_233 130828_234
横須賀市のリサイクルプラザAicle、横須賀海軍航空隊予科練跡地
130828_235
米海軍台船、横須賀の花火の打ち上げに使われる

130828_241
海上自衛隊司令部

130828_242  130828_243
DDG-171 はたかぜ
130828_244  130828_245
DDG-171 はたかぜ
130828_246  130828_247
DDG-171 はたかぜの73式54口径5インチ単装砲と艦橋
130828_248  130828_249
DDG-171 はたかぜの73式54口径5インチ単装砲は射程24キロ

130828_251  130828_252
退役した海自潜水艦「SS-587 わかしお」
130828_253  130828_254
退役した海自潜水艦「SS-587 わかしお」
130828_255  130828_256
退役した海自潜水艦「SS-587 わかしお」
130828_257
退役した海自潜水艦「SS-587 わかしお」

130828_261  130828_262
掃海艦「MSO-303 はちじょう」、磁気を避けるため木造である

130828_263  130828_264
海上保安庁巡視船「PM-89 たかとり」と「PS-07 あしたか」

130828_271  130828_272
長浦港に入港する掃海艦「MSO-302 つしま」
130828_273  130828_274
「帽振れ」の掃海艦「MSO-302 つしま」は長浦港に入港する
130828_275  130828_276
長浦港に入港する掃海艦「MSO-302 つしま」

130828_281  130828_282
向かう新井掘割水路はもともと地続きだったが、明治時代に旧海軍が水路を掘り、横須賀本港と長浦港を最短で結んだ
130828_283  130828_284
新井掘割水路正面に米海軍施設が見えるが、向かって左側の吾妻島の米軍施設は、給油所のほかに何があるかは謎
130828_285
鳥居があるが、米海軍は使い方を間違えている
130828_286
日米で共同使用しているらしい

130828_301  130828_302
護衛艦「DD-107 いかづち」、左の無番艦は退役した護衛艦「DD-125 さわゆき」
130828_303 130828_304
DD-107 いかづち、退役したDD-125 さわゆき、DD-111 おおなみ、DD-101 むらさめ、DD-110 たかなみ、右はDD-111 おおなみ
130828_305  130828_306
DD-101 むらさめ、DD-110 たかなみ

130828_311  130828_312
試験艦「ASE-6102 あすか」、補給艦「AOE-423 ときわ」、そしてヘリコプター搭載護衛艦「DDH-181 ひゅうが」

130828_321  130828_322
ヘリコプター搭載護衛艦「DDH-181 ひゅうが」、基準排水量13,950トン、全長197m、全幅33m
130828_323  130828_324
ヘリコプター搭載護衛艦「DDH-181 ひゅうが」、最大11機のヘリを搭載可能

130828_331  130828_332
護衛艦「DDG-174 きりしま」の母港は佐世保

130828_342
海自潜水艦で何か作業している
130828_343
海自潜水艦と米海軍イージス艦

130828_401  130828_402
クルーズがおわり軍港めぐり桟橋に到着
130828_403  130828_405
桟橋の、軍港めぐり「Sea Friend V」
130828_404
ガイドさんは、6/21のNHK総合「首都圏ネットワーク」で紹介された軍港めぐりに登場したガイドさんだった

130828_501  130828_502
晩ご飯は当然海軍カレー

YOKOSUKA軍港めぐりサイト

|

« 映画の中のベルリン、ウィーン | トップページ | 時の娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀軍港めぐり:

« 映画の中のベルリン、ウィーン | トップページ | 時の娘 »