« 新東名を走る | トップページ | 石山寺本堂、多宝塔 »

2013年7月23日 (火)

石山寺

浜大津駅から京阪電車に乗り、石山寺駅で降りて、瀬田川沿いを歩く。
Dsc_0841_2
石山寺は747年に建立されたとされている。
Dsc_0842
石山寺東大門は、1190年に源頼朝の寄進によって建てられた。
130807_020

東大門の金剛力士(仁王)像は、運慶・湛慶親子の作と言われているらしい。
Dsc_0843 Dsc_0844

石山寺東大門から参道を歩く。
Dsc_0845_2
途中、蓮の花が咲いているが、池ではなく鉢に植わっている。
Dsc_0846

石段をあがると途中にお堂がある。
Dsc_0849
そばに苔むした石灯籠が立つ。
130807_021

石段をあがると多宝塔を見上げるが、手前の岩は硅灰石というそうな。
130807_022
硅灰石については、↓参照。
石山寺自体が、この岩の上に立っていることから「石山寺」の名となった。
Dsc_0853

|

« 新東名を走る | トップページ | 石山寺本堂、多宝塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石山寺:

« 新東名を走る | トップページ | 石山寺本堂、多宝塔 »