« 古寺を訪ねて−東へ西へ | トップページ | 石山寺 »

2013年7月23日 (火)

新東名を走る

早朝5時に出発、相模原愛川ICから圏央道に乗り、海老名JCTで東名に入る。
6時少し前、足柄SAで朝ご飯にする。

御殿場JCTから新東名に入る。
新東名は当初6車線で計画されたものが4車線に変更となったことからだと思うが、旧東名に比べて走行部分の道幅が広く、直線区間が多いので、運転が楽である。
また、走行する車も少なくスピードを出したくなる。
御殿場JCTから浜松いなさJCTまで約145km、ほぼ山間部を走ることになるので、海が見えるのは沼津を過ぎるあたりくらい。
静岡SAで給油、そして眠くなったので掛川PAで30分ほど仮眠。

浜松いなさJCTから引佐連絡路を通って三ヶ日JCTで東名へ入る。

岡崎IC〜豊田JCT間は60キロ制限となるが、これは新東名開通まで暫定的に3車線化されたことで、車線幅が狭くなっているためのようだ。

豊田JCTで伊勢湾岸自動車道に入り、東名阪自動車道~新名神を走って草津JCTで名神に戻る。

10時25分に大津ICで名神を降り、京阪大津線の併用軌道区間も走って10時45分に琵琶湖ホテル到着。

走行距離422.7kmを4時間47分で走ってきたことになる。

|

« 古寺を訪ねて−東へ西へ | トップページ | 石山寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新東名を走る:

« 古寺を訪ねて−東へ西へ | トップページ | 石山寺 »