« 一週間 | トップページ | 平和主義とは何か-政治哲学で考える戦争と平和 »

2013年6月15日 (土)

箱根登山鉄道

思いついて、箱根へ。
Dsc_0770  Dsc_0771
小田急で小田原へ、乗り換えて箱根湯本へ、さらに乗り換えて登山鉄道電車に乗る。
Dsc_0772
箱根登山鉄道は、小田原から強羅まで15km、高低差527m、平均斜度35‰、最大斜度80‰。

強羅公園まで、えっちらおっちら歩いていく。
Dsc_0773  Dsc_0774
バラは、最初の盛りが過ぎたようだ。

Dsc_0776  Dsc_0777
ふたたび強羅から登山電車に乗る。
Dsc_0778  Dsc_0779
あじさいは、箱根湯本から塔ノ沢までの間はほぼ見頃だが、それより上は、まだこれからのようだ。
Dsc_0780  Dsc_0781
宮ノ下で下車。
Dsc_0782

ここまで来たので素通りできないので、富士屋ホテルに行くと、猫が迎えてくれる。
Dsc_0783  Dsc_0784

メイン・ダイニングは、ランチ時間は貸し切りになっていたので、ウイステリアでビーフカレー。
宮ノ下からはバスで小田原に出て、帰る。

|

« 一週間 | トップページ | 平和主義とは何か-政治哲学で考える戦争と平和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根登山鉄道:

« 一週間 | トップページ | 平和主義とは何か-政治哲学で考える戦争と平和 »