« 鎌倉・横浜・湘南 今昔歩く地図帖 | トップページ | 交通博物館のすべて »

2013年2月13日 (水)

サムエル・コッキング苑

Dsc_8094
「江島大明神」の額
Dsc_8050  Dsc_8052
江ノ島といえば、これだが3.11以後でないとシラスは解禁にならないので、生はまだ。 寅さんも来たことがある。
Dsc_8056
サムエル・コッキング苑
Dsc_8057  Dsc_8058
サムエル・コッキング苑の遺構と江の島シーキャンドル

Dsc_8061  Dsc_8062
サムエル・コッキング苑のチューリップ、しらすみたい・・・・
Dsc_8087  Dsc_8088
サムエル・コッキング苑は、チューリップだらけ。
Dsc_8089  Dsc_8090
でも、もうそろそろ、おしまいです。
Dsc_8063  Dsc_8077
糊こぼしみたいだ。
Dsc_8079
名前は「天ケ下」。
Dsc_8051
とんび
Dsc_8059  Dsc_8064
ひよどり

130411_003  Dsc_8078
江の島シーキャンドル、塗装工事中
Dsc_8065  Dsc_8066
江の島シーキャンドルから、南東方向、東方向
Dsc_8067  Dsc_8068
江の島シーキャンドルから、北方向、北西方向
Dsc_8069  Dsc_8070
江の島シーキャンドルから、西方向、南西方向
Dsc_8072
江の島シーキャンドルから、富士山

130411_002  Dsc_8073
Dsc_8074
右上にMMのランドマークタワーが見える
Dsc_8075
時節柄、シーキャンドルの上は、これですね。
ただし、シーキャンドルは今塗装工事中です。

Dsc_8080
フレンチトースト専門だというので、入ってみました。
Dsc_8084
う~む、アイスクリームやホイップクリームをたっぷり添える、ということは・・・・。
フレンチトーストで勝負して欲しい。

Dsc_8081  Dsc_8082
カフェからの眺め
Dsc_8083  Dsc_8086
マイアミ広場、藤沢行きの江ノ電も見える
Dsc_8091
江ノ島港
Dsc_8093  Dsc_8092
岩本楼にはローマ風呂があるので、ルシウス・モデストゥスは来るべきである。
Dsc_8053  Dsc_8054
なぜ江ノ島が猫まみれなのかを探ると、世の中には恥知らずで猫でなしな人間がいることがよくわかる。
以下猫まみれ@江ノ島。
Dsc_8055  Dsc_8095

Dsc_8096  Dsc_8098

Dsc_8099  Dsc_8100

Dsc_8101  Dsc_8102

Dsc_8106  Dsc_8107

Dsc_8108  Dsc_8109

Dsc_8104  Dsc_8110
江ノ島大橋
Dsc_8111

サムエル・コッキング苑

|

« 鎌倉・横浜・湘南 今昔歩く地図帖 | トップページ | 交通博物館のすべて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムエル・コッキング苑:

« 鎌倉・横浜・湘南 今昔歩く地図帖 | トップページ | 交通博物館のすべて »