« 【江ノ電】江ノ電の風景:江ノ電の風景 | トップページ | 【江ノ電】江の電の歴史 »

2013年1月 2日 (水)

【江ノ電】駅の変遷

藤沢:1902(M35)/9/1:藤沢として設置→1974(S49)/6/7:現在地に移転
旧石上:1902(M35)/9/1:石上として設置→1944(S19)/6/30:廃止
石上:1920(T9)/4:高砂として設置→1944(S19)/6/30:廃止→1950(S25)/7/15:石上として復活
旧川袋:1902(M35)/9/1:川袋として設置→1950(S25)/7/15:廃止
柳小路:1920(T9)/4:柳小路として設置→1944(S19)/6/30:廃止→1950(S25)/7/15:柳小路として復活
旧藤ヶ谷:1902(M35)/9/1:藤ヶ谷として設置→1944(S19)/11/18:廃止
鵠沼:1902(M35)/9/1:鵠沼として設置
旧新屋敷:1902(M35)/9/1:新屋敷として設置→1944(S19)/2/29:廃止
湘南海岸公園:1902(M35)/9/1:西方として設置→1958/12/1:湘南海岸公園に改称
旧浜須賀:1902(M35)/9/1:浜須賀として設置→1944(S19)/2/29:廃止
旧山本橋:1902(M35)/9/1:山本橋として設置→1944(S19)/11/18:廃止
江ノ島:1902(M35)/9/1:片瀬として設置→1929(S4):江ノ島に改称
旧龍ノ口:1903(M36)/6/20:龍ノ口として設置→1944(S19)/11/18:廃止
旧中原:1903(M36)/6/20:中原として設置→1918(T7)/6/24:廃止)
旧土橋:1903(M36)/6/20:土橋として設置→1929(S4):腰越に改称→1944(S19)/11/18:廃止
旧神戸橋:1903(M36)/6/20:神戸橋として設置→1918(T7)/6/24:廃止
腰越:1903(M36)/6/20:谷戸として設置→1948(S23)/7/15:腰越に改称
旧満福寺前:1903(M36)/6/20:満福寺前として設置→1918(T7)/6/24:廃止
旧腰越:1903(M36)/6/20:腰越として設置→1918(T7)/6/24:腰越浜上に改称→1929(S4):小動に改称→1944(S19)/11/18:廃止
旧袂ヶ浦:1903(M36)/6/20:袂ヶ浦として設置→1918(T7)/6/24:恵風園前に改称→1944(S19)/11/18:廃止
鎌倉高校前:1903(M36)/6/20:日坂として設置→1953(S28)/8/20:鎌倉高校前に改称
旧谷沢:1903(M36)/6/20:谷沢として設置→1915(T4)/10/18:廃止
旧七里ケ浜:1903(M36)/6/20:現在の峰ヶ原信号所近くに七里ケ浜設置→大正時代に廃止
峰ヶ原信号所:1903(M36)/6/20:峰ヶ原として設置→1945(S20)/4/28:廃止→1953(S28)/8/20:峰ヶ原信号所設置
七里ヶ浜:1903(M36)/6/20:現在の七里ケ浜より藤沢よりに田辺として設置→1915(T4)/10/18:行合に改称→1944(S19)/6/30:廃止→1944(S19)/11/18:現在地に移動し七里ヶ浜に改称
旧行合橋:1903(M36)/6/20:行合橋として設置→1915(T4)/10/18:大境に改称→1944(S19)/11/18:廃止
旧キャンプカー前臨時停留所:1935(S10):キャンプカー前臨時停留所として設置→1944(S19)/6/30:廃止
旧追揚:1903(M36)/7/17:追揚として設置→1944(S19)/11/18:廃止(134から入るところあたり)
旧姥ヶ谷:1904(M37)/4/1:姥ヶ谷として設置→1944(S19)/11/18:廃止
旧音無橋:1904(M37)/4/1:音無橋として設置→1945(S20)/4/28:廃止
稲村ヶ崎:1904(M37)/4/1:稲村ヶ崎として設置
旧砂子坂:1904(M37)/4/1:砂子坂として設置→1944(S19)/11/18:廃止
極楽寺:1904(M37)/4/1:極楽寺として設置
旧権五郎社前:1907(M40)/8/16:権五郎社前として設置→1944(S19)/11/18:廃止
長谷:1907(M40)/8/16:長谷として設置
旧由井ヶ浜:1907(M40)/8/16:由井ヶ浜として設置→1945(S20)/4/28:廃止
由比ヶ浜:1907(M40)/8/16:海浜院通として設置→1915(T4)/10/18:海岸通りに改称→1945(S20)/4/28:廃止→1950(S25)/7/15:由比ヶ浜として復活
旧原の台:1907(M40)/8/16:原の台として設置→1944(S19)/11/18:廃止
和田塚:1910(M43)/11/4:和田塚として設置
旧学校裏:1907(M40)/8/16:学校裏として設置→1944(S19)/11/18:廃止
旧琵琶小路:1915(T4)/10/18:琵琶小路として設置→1945(S20)/4/28:廃止
旧大町:1907(M40)/8/16:大町として設置→1944(S19)/11/18:廃止
旧蔵屋敷:1910(M43)/11/4:蔵屋敷として設置→1944(S19)/11/18:廃止
鎌倉:1910(M43)/11/4:小町として設置→1915(T4)/10/18:鎌倉に改称→1947頃:二の鳥居よりに移設→1949(S24)/3/1:現在地に移転

国際日本文化研究センター(日文研)のデータベースに「所蔵地図データベース」があり、鎌倉の地図も所蔵されていて、「昭和16年8月10日發行」の「鎌倉市及近傍明細地圖」を参照することができる。
この地図を見ると、藤澤−石上−鵠沼−西方−濱須賀−片瀬−腰越−七里ケ濱−行合橋−稲村ケ崎−極楽寺−(長谷:名称記載なし)−(原の台:名称記載なし)−(大町:名称記載なし)−鎌倉」の駅名を見ることができる。
また、「明治35年5月10日発行」の古地図「鎌倉遊覽實測地圖」を参照することができる。
この地図には江ノ電は描かれていない。

「今昔マップ」からも、「首都圏」から各時代の地図を見ることができる。(2020/1/4追加)

江ノ電」に戻る

|

« 【江ノ電】江ノ電の風景:江ノ電の風景 | トップページ | 【江ノ電】江の電の歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【江ノ電】駅の変遷:

« 【江ノ電】江ノ電の風景:江ノ電の風景 | トップページ | 【江ノ電】江の電の歴史 »