« 【江ノ電】駅の変遷 | トップページ | 【江ノ電】特殊続行運転 »

2013年1月 2日 (水)

【江ノ電】江の電の歴史

1898(M31)/12/20:江之島電氣鐵道発起人に鉄道敷設特許状交付
1900(M33)/11/25:江之島電氣鐵道株式会社設立総会
1900(M33)/12/:高座郡藤沢大坂町で、江之島電氣鐵道株式会社設立(現法人とは別法人)
1902(M35)/1/25:藤沢〜片瀬工事着工
1902(M35)/9/1:藤沢〜片瀬間開業(1〜4号)
1903(M36)/6/20:片瀬〜行合橋間開通(5〜10号増車)
1903(M36)/7/17:行合〜追揚間開通
1904(M37)/4/1:追揚〜極楽寺間開通
1907(M40)/8/16:極楽寺〜大町間開通
1910(M43)/11/4:小町まで開業
1911(M44)/10/3:横浜電気株式会社が買収、横浜電気株式会社江之島電気鉄道部
1912(M45)/6/:極楽寺車庫設置
1921(T10)/5/1:東京電燈株式会社が横浜電気を買収され、東京電燈株式会社江之島線
1911(M44)〜1921(T10):11〜22号増車
1921(T10)/:23、24増車
1923(T12)/9/1:関東大震災、江ノ電も被害
1926(T15)/7/10:江ノ島電気鉄道株式会社(現法人)設立
1927(S2)/7/:乗合自動車事業開始
1928(S3)/7/1:江ノ島電気鉄道が東京電燈江之島線を買収、鉄道事業を継承
1929(S4)/4/:101〜104導入、鉄道事業育成のため乗合自動車事業撤退
1931(S6)/9/:105〜110増車
1931(S6)/10/10:乗合自動車事業に再参入
1934(S9)/5/:111、112を西武新宿軌道線から借用
1935(S10)/1/:111、112を西武から譲渡
1936(S11)//:納涼111、納涼112導入
1936(S11)//:電圧をそれまでの550Vから600Vに変更
1937(S12)//:初代113、114を目黒蒲田電鉄から譲渡
1938(S13)/10/20:東京横浜電鉄(現在の東京急行電鉄)の傘下へ
1939(S14)//:115を京王電気軌道八王子線から譲渡、116、117を東京横浜電鉄の譲渡車体と京浜電鉄の譲渡台車を組み合わせて導入
1943(S18)/10/:乗合自動車事業休止
1944(S19)/11/:軌道業を地方鉄道業に変更許可
1944(S19)/11/28:神奈川中央乗合自動車(現・神奈川中央交通)に路線を譲渡、乗合自動車事業から撤退
1947(S22)/3/15:東急グループから離脱
1948(S23)/8/1 社名を江ノ島鎌倉観光株式会社に変更
1949(S24)/3/1:鎌倉駅を国鉄鎌倉駅西口に移転
1949(S24)/5/12:東京証券取引所に上場
1949(S24)/6/20:神奈川中央乗合自動車から路線を譲受し、一般乗合旅客自動車運送業を再開
1949(S24)/8/1:江ノ島鎌倉観光株式会社に商号変更
1949(S24)//:納涼111を初代202に改番、納涼112を初代201に改番
1951(S26)/3/25:江ノ島熱帯植物園開園、江の島展望灯台(初代平和塔、東横電鉄多摩川園のパラシュート塔を移設改修)竣工
1951(S26)/5/:江ノ島自動車駐車場営業開始
1952(S27)/8/:不動産業営業開始
1953(S28)/6/:貸切自動車業開業
1953(S28)/8/1:小田急電鉄の関連会社化
1953(S28)//:二代112〜114を都電から譲渡
1954(S29)//:初代202を譲渡された都電174の車体に載せ替え二代202に改造
1955(S30)/7/30:ホームかさ上げ工事完了、車両ステップ除去
1956(S31)/1/:112と初代202を連結し二代201に改番
1956(S31)/1/:二代113と二代114を連接車化し300型301に改造
1956(S31)/7/:501導入
1957(S32)/4/:502導入、101、102を連接車化し300型302に改造、103、104を連接車化し300型303に改造
1958(S33)//:106、109を連接車化し300型304に改造
1959(S34)/7/23:江ノ島エスカー営業開始
1960(S35)//:305F(藤沢方305+鎌倉方355)導入、付番方法変更
1963(S38)/10/:上場基準変更により東証第2部へ指定替え
1963(S39)/2/:集電装置をトロリーポールからZパンタに変更
1967(S42)/10/:株式会社江ノ電ツーリスト(後の江ノ電商事株式会社)設立
1968(S43)/12/:二代201と二代202を連接車化し300型306に改造
1968(S43)//:横須賀線と若宮大路が交差するガードを改修、若宮大路の路面を掘り下げ、歩行者用として使われていた江ノ電が走っていたガードは改修されて歩行者通路として整備
1970(S45)/9/:601+602、東京急行電鉄から譲渡
1970(S45)/12/:603+604、東京急行電鉄から譲渡
1971(S46)/6/20:特殊続行運転を廃止、4両運転開始
1971(S46)/12/:801+802、上田丸子電鉄から譲渡、通票閉塞方式を廃止、単線自動閉塞信号となる
1971(S46)//「おれは男だ!」が日本テレビ系で放映
1972(S47)/1/:東海建工株式会社(後の江ノ電設備管理株式会社)設立
1972(S47)/4/:藤沢駅を仮駅舎に移転
1973(S48)/5/:集電装置のパンタグラフ化完了
1973(S48)/5/20 石上〜藤沢間高架工事にともない仮線路運転開始
1974(S49)/5/:江ノ電ビル(賃貸業施設)営業開始
1974(S49)/6/:藤沢駅現駅舎が供用開始
1976(S51)/10/17:「俺たちの朝」が日本テレビ系で放映開始
1977(S52)/10/24:NHK「新日本紀行」で「湘南・電車通り」放映
1979(S54)/6/6:藤沢駅で停止位置を超え、車止め標識と線路終端施設に衝突
1979(S54)/6/30:東京証券取引所上場廃止
1979(S54)/7/:日本証券業協会店頭取扱銘柄となる
1979(S54)/9/:105、110廃車
1979(S54)/12/:1001F、1002F導入
1980(S55)/7/13:1000形電車が鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞
1981(S56)/1/:ATS使用開始
1981(S56)/8/:鎌倉駅新駅舎完成
1981(S56)/9/1:江ノ島電鉄株式会社に商号変更
1981(S56)/12/:107、108廃車
1982(S57)/1/:1001F、1002F導入
1982(S57)/4/:境川橋梁公示のため鵠沼駅を仮駅に移設
1983(S58)/12/:1201F導入
1983(S58)/12/:603+604廃車
1984(S59)/5/:境川橋梁完成
1985(S60)/5/:新鵠沼駅、新長谷駅営業開始
1985(S60)/8/:本社屋を現在地に竣工
1986(S61)/4/:1501F導入、801+802廃車
1987(S62)/12/:1502F導入
1990(H2)/4/:2001F導入、601+651廃車
1990(H2)//:2000型、グッドデザイン商品認定
1990(H2)//:1989年度の決算報告において、1975年以来の累積赤字解消
1991(H3)/3/:江ノ島駅駅舎を改築
19911(H3)/4/:2002F導入、306+356廃車
1992(H4)/7/:2003F導入
1992(H4)/9/:301+351廃車
1993(H5)/3/:腰越駅ホーム延長
1997(H9)/3/:302+352廃車
1997(H9)/4/:10F導入
1997(H9)/4/16:七里ヶ浜駅新駅舎竣工
1997(H9)/10/:鎌倉高校前駅が関東の駅百選に選出
1998(H10)/8/12:江ノ電バス株式会社(後の株式会社江ノ電バス藤沢)設立、バス事業を順次分社
1998(H10)/11/11:難病の16歳の少年が「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」により極楽寺検車区内で106形108号電車を運転
1999(H11)/10/:極楽寺駅が関東の駅百選に選定
2002(H14)/1/6:501+551廃車
2002(H14)/4/:21F導入
2002(H14)/10/15:創業100周年記念、サザンオールスターズの『鎌倉物語』と原由子の『あじさいのうた』の歌碑が6駅で12/29まで展示
2003(H15)/1/5:502+552廃車
2003(H15)/4/:22F導入
2003(H15)/4/28:江の島展望灯台(のちに「江の島シーキャンドル」と改称)竣工
2005(H17)/8/27:「小さな運転士 最後の夢」が日本テレビ系24時間テレビ「愛は地球を救う28」の中で放映
2005(H17)/9/:304+354廃車
2006(H18)/3/27:501F導入
2007(H19)/3/18:鉄道全線と路線バスの一部でPASMO導入、Suicaも利用可能
2007(H19)/6/:株式会社江ノ電バス横浜設立
2008(H20)/3/:303+353廃車
2008(H20)/3/31:502F導入2
2008(H20)/12/22:難病の16歳の少年(死亡)を電車の運転士に命ずる辞令書を交付
2009(H21)/10/14:京福電気鉄道と姉妹提携締結
2010(H22)/11/4:全線開通記念日を祝し、開通当時の木造車両をイメージした外装のラッピング電車(21F)の運転開始
2010(H22)/11/24:極楽洞(坑口部分)が鎌倉市の景観重要建築物に指定
2011(H23)/3/11:東日本大震災発生、14:50全列車に安全箇所に停止指令、14:53全列車運転見合わせ、15:22停止中の6列車を駅に収容開始、17:396列車の最後の列車を収容
2011(H23)/3/12:初電から藤沢〜江ノ島、稲村ケ崎〜鎌倉で折り返し運転、15:24全線運転再開
2011(H23)/3/14:計画停電により運休(日により終日運休、一部運休)
2011(H23)/3/28:計画停電適用除外
2012(H24)/8/5:和田塚3号踏切で1552号車(1501F+1502F)が自動車と衝突
2013(H25)/1/1:極楽寺駅構内で土砂崩れ

江ノ電」に戻る

|

« 【江ノ電】駅の変遷 | トップページ | 【江ノ電】特殊続行運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【江ノ電】江の電の歴史:

« 【江ノ電】駅の変遷 | トップページ | 【江ノ電】特殊続行運転 »