« Elisabeth 2012 Wien/4 運河めぐり(2)水門・その1 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/6 運河めぐり(4)巡視艇とドナウ川・その2 »

2012年10月 4日 (木)

Elisabeth 2012 Wien/5 運河めぐり(3)ドナウ川・その1

船は前進を開始する。
1004_081_1024
無事の水門通過を祝って、ビールを飲むことにする。
1004_082_1024
チェコの、つまり、本物のバドワイザーである。
米国産バドは、本物のバドワイザーを飲んでしまったら、もう飲みたくない。

ドナウ本流になると、船は速力を増してすすんでいく。
1004_083_1024
左がドナウ本流で、右が船の航路で水門がある。
1004_084_1024
風力発電の塔は、あちこちで見える。
1004_085_1024
仏舎利塔(フリーデンス・パゴダ)が見えてくる。
この仏舎利塔は、日本山妙法寺が1983年に建てたらしい。
1004_086_1024
ここには日本人のお坊さんがいるはず。

船はマリーナに停船する様子を見せたが、誰も乗船しないし下船しないので、停泊せずに出発する。
1004_088_1024
前方遠くに、カーレンベルク(Kahlenberg)の丘が見えてくる。
1004_089_1024
川岸には、ヒルトン・ウィーン・ドナウ・ホテルが建つ。
1004_090_1024
あまり便利のいいところとは思わないが、このホテルに泊まる人たちは、自分の力で移動するようなことはないのだろう。
アッシジの聖フランチェスコ教会が見えてくる。
1004_091_1024
この教会は、フランツ・ヨーゼフ1世の治世50周年を記念して、1898年から1910年にかけて建設された。
水上警察のボートが停泊している。
1004_092_1024
ブラチスラヴァに向かう高速船が出発していく。
1004_094_1024
アッシジの聖フランチェスコ教会は、帝国橋(Reichsbrücke)のそばのメキシコ公園に建っている。
1004_095_1024
メキシコ公園の名前は、ナポレオン3世によりメキシコ帝国皇帝の帝位に就いたFJの弟、フェルディナント・マクシミリアン・ヨーゼフ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Ferdinand Maximilian Joseph von Habsburg-Lothringen)と、何かの関連があるのだろうか。

船は帝国橋桟橋に停泊する。
1004_096_1024
学生集団が乗り込もうとしているが、船員と何やら交渉している模様。
気持ちの良い秋の空だ。
1004_097_1024
帝国橋桟橋からは、地下鉄で旧市街に行ける。

|

« Elisabeth 2012 Wien/4 運河めぐり(2)水門・その1 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/6 運河めぐり(4)巡視艇とドナウ川・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elisabeth 2012 Wien/5 運河めぐり(3)ドナウ川・その1:

« Elisabeth 2012 Wien/4 運河めぐり(2)水門・その1 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/6 運河めぐり(4)巡視艇とドナウ川・その2 »