« Elisabeth 2012 Wien/1 空港へ | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/3 出国 »

2012年10月 8日 (月)

Elisabeth 2012 Wien/2 チェックイン

出発ロビーには、通路にチェックイン機、その奥に有人のチェックイン・カウンターが並んでいる。
Vie002_1024
車いすユーザーは、「Special Assistance」の表示がある有人の331カウンターへ行くように言われる。
1008_012_1024
カウンターで発券された、OS51のチケットである。
1008_013_1024
スーツケースの重さは限度ぎりぎりの22.5kgで、カウンターのおねえさんはよくやったねと笑顔。
1008_014_1024
5月に帰国するときの旧ビルのカウンターでは、重量はチェックせずに預けられたのだが、新ビルではどうなのだろうか。

ターミナルビルは全面ガラス張り、飛行機が良く見える。
1008_015_1024
新ターミナルビルは旧ターミナルビルとはつながっていて乗り継ぎができるが、新ビルと旧ビルのフロアの高さに差があるので、同じ階でも階段、エスカレータ経由で移動しなければならない。
エレベータもあるのだが、なぜか使わせてはくれなかった。
いったんビルの外に出てからまわっていくという方法もあるかもしれない。
また、旧ビルの免税店に入るにはパスのチェックがあるので、私たちが持っているGゲート出発、つなり、非シュンゲン協定エリアのチケットで旧ビルの免税店エリア(B、C、Dゲート、シュンゲン協定エリア)に入れるかどうかはわからない。

チェックイン・カウンターの並ぶFフロアの横でチケットのチェックを受けると、すぐに安全検査場になる。
1008_016_1024
手荷物を流す。
すると、「カメラバッグを開けてくれ」と言われた。
何が不審物なのだろうとカメラバックを開き、まず、1970年代に手に入れた銀塩一眼を取り出す。
係員のおにーさんは、銀塩一眼を手に持ってしげしげと眺めている。
「古~いフィルムカメラなのさ」と言うと、「わかった、行って良し」。
「他のカメラはみないでいいの?」
「いや、OKだ」と。
う~む、何だったのだろうか。
もしかしたら、単に興味本位だったのかもしれない。

安全検査場を抜けると免税店があり、Fフロアの奥まで行くと、エプロンが並んでいるのが見える。
1008_017_1024
この左の奥に展望デッキ入り口のような表示があったが、どのような場所に行くことができるのかは、確認していない。
Fフロアの奥には、ユリウス・マインルがある。
1008_018_1024
ノンシュンゲン便に搭乗するためには、ショップを戻り、安全検査場横にある上がり口からGフロアにあがらなければならない。
1008_019_1024
まだ時間があるので、ユリウス・マインルで一杯タイムにする。
1008_020_1024

|

« Elisabeth 2012 Wien/1 空港へ | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/3 出国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elisabeth 2012 Wien/2 チェックイン:

« Elisabeth 2012 Wien/1 空港へ | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/3 出国 »