« Elisabeth 2012 Wien/2 Dommayer | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/4 2回目のElisabeth »

2012年10月 7日 (日)

Elisabeth 2012 Wien/3 ヒーツィング墓地

駅の花屋さんで、小さな花束を買う。
バスに乗って、ヒーツィング墓地で下車、クーデンホーフ光子さんのお墓に向かう。
1007_041_1024
光子さんに、花束をささげる。
1007_042_1024
Hさんが、持ってきた蝋燭も灯した。
1007_043_1024

白いレリーフの上には、「Zukomme uns dem Reich!(御国の来たらんことを!)」、下には「Dem Wille geschehe(御旨の行われんことを)」(いずれも主祷文の一節)と刻まれている。
1007_044_1024_2
台座には、上から、ミツコの夫の母君マリー、義弟フリードリヒ(フランツ・カールの次男)、夫の父君フランツ・カール、フランツ・ゲバルト(続柄不明)、義弟リヒャルト(フランツ・カールの五男)、エリザベト(長女)の墓碑銘が刻まれている。
一番下がミツコの墓碑銘で、「Maria Thekia Mitsu Gräfin Coudenhove geb Aoyama(マリア・テクラ・ミツ・クーデンホフ伯夫人旧姓アオヤマ)」、その下に「geb. in Tokio 7. Juli 1874, gest. in Wien Mödling 27 Aug. 1941(1874年7月7日東京に生まれ1941年8月27日ウィーン・メードリンクで没す)」と刻まれている。
クーデンホーフ光子さんについては、↓参照。

光子さんのお墓のそばにワーグナー家のお墓があり、墓碑にはオットー・ワーグナーの名が刻まれている。
1007_045_1024
また、少し離れて、クリムトの簡素なお墓もある。
1007_046_1024
今年が今年なので、クリムトのお墓にはたくさんのお花があるかと思っていたのだが、案外そうでもなかった。

クリムトのお墓の位置である。
1007_047_1024
光子さんのお墓の位置(左)とワーグナー家のお墓の位置(右)である。
1007_048_1024

チロル門からシェーンブルン庭園や動物園に入ることができる。
1007_049_1024
当初はここからグロリエッテまで行って、丘を降りて来ようと考えていたのだが、きょうは雨なので、別の機会にすることにして、バスでヒーツィングに戻る。
次に来たときには、馬車博物館にも行かなければ。

ヒーツィングから市電58に乗って西駅に戻り、市電5で1区間だけ乗ってホテルの前で降りる。
Hさんとは今日で最後なのでホテルまで同行してもらい。借用物を返還する。
その際、iPadを布教。
また会いましょうと約束して、お別れである。

|

« Elisabeth 2012 Wien/2 Dommayer | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/4 2回目のElisabeth »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elisabeth 2012 Wien/3 ヒーツィング墓地:

« Elisabeth 2012 Wien/2 Dommayer | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/4 2回目のElisabeth »