« Elisabeth 2012 Wien/4 ザンクト・ペルテン | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/6 DIE LUSTIGE WITWE »

2012年10月 5日 (金)

Elisabeth 2012 Wien/5 ザンクト・ペルテンから戻る

Kremser Gasseを駅に向かって歩き、駅の信号の手前にユーゲント・シュティールな建物が建っている。
1005_071_1024
オットー・ワーグナーの弟子の建築家オルブリヒ(Josef Maria Olbrich、1867-1908)が1899年に建てた、Olbrich- Haus(Haus Stöhr)である。
並木の葉は黄色くなっているが、紅葉を愛でる、ということはなさそうだ。
1005_072_1024

駅のコンコースでは、さっき降りたときにはなかった、鉄道の模型を作成中である。
1005_081_1024
表示はまだ付けられていないが、この様子ではどこかの駅を新しくするらしい。
1005_082_1024
ザンクト・ペルテン駅のホームにあがる。
1005_083_1024

特急が発車していくが、チケットの関係で私たちは乗車できない。
1005_084_1024
我々が乗るREX9329の発車時刻までは、あと10分あまり。
1005_085_1024
あと10分弱。
1005_086_1024
ICEが発車していくが、チケットの関係で私たちは乗車できない。
1005_087_1024
ウィーン西駅で会いましょうね。
1005_088_1024
Westbahnが発車していくが、チケットの関係で私たちは乗車できない。
1005_089_1024

REX9329は、珍しく混んでいる。
バイエルンなおっさんたちのグループがいて、何杯かひっかけているようで、車内でにぎやかに上機嫌に盛り上がっている。

ウィーン西駅着は15時40分、ホテルに戻ってお茶にする。
ホテルで夕食を済ませることにして、ホテル向かいのスーパーに入ったがシュトルムはなかったので、ここではお寿司とサラダだけを買い、西駅のスーパーでシュトルム赤とシャケバーを買ってきた。
1005_090_1024

|

« Elisabeth 2012 Wien/4 ザンクト・ペルテン | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/6 DIE LUSTIGE WITWE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elisabeth 2012 Wien/5 ザンクト・ペルテンから戻る:

« Elisabeth 2012 Wien/4 ザンクト・ペルテン | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/6 DIE LUSTIGE WITWE »