« Elisabeth 2012 Wien/7 運河めぐり(5)水門・その2 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/9 会食 »

2012年10月 4日 (木)

Elisabeth 2012 Wien/8 運河めぐり(6)ドナウ運河・その2

船が門を通過すると、フンデルトヴァッサーのシュピッテラウ焼却場が右に見えてくる。
1004_131_1024
シュピッテラウ焼却場は、ゴミ焼却場で発生した熱を使った地域暖房のプラントでもある。
1004_132_1024
フンデルトヴァッサーは、日本でも舞洲ごみ焼却工場をデザインしている。
1004_133_1024

やがて、謎な建物が見えてくる。
1004_134_1024
この建物はいったい何だ?と思ったら、「Rossauer Kaserne」、ロッサの兵舎ということで、現在は「Bundesministerium für Landesverteidigung und Sport」(防衛・スポーツ連邦省)の建物みたいだ。
1004_135_1024
左に、1907年のオットー・ワーグナーのカイザーバード水門監視所が見える。
1004_136_1024
出発して3時間20分、船は再びシュヴェーデンプラッツに戻ってきたと思ったら、通り過ぎていく。
いったんウィーン川の分岐まですすみUターンして、船首を上流に向け、シュヴェーデンプラッツに戻る。
ドナウ運河めぐりの観光船、「MS VINDOBONA」である。
1004_137_1024

ところで、上の水門と下の水門との距離は12.5km、落差は5~6メートルはあるかと思われる。
だとすると、勾配は0.4‰~0.5‰。
ということは、ライン川の河口から1000kmまでの勾配と同等で、セーヌ川よりもたらんたらんとしていて、ライン川よりは急ということになる。

|

« Elisabeth 2012 Wien/7 運河めぐり(5)水門・その2 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/9 会食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elisabeth 2012 Wien/8 運河めぐり(6)ドナウ運河・その2:

« Elisabeth 2012 Wien/7 運河めぐり(5)水門・その2 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/9 会食 »