« Elisabeth 2012 Wien/5 運河めぐり(3)ドナウ川・その1 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/7 運河めぐり(5)水門・その2 »

2012年10月 4日 (木)

Elisabeth 2012 Wien/6 運河めぐり(4)巡視艇とドナウ川・その2

帝国橋には、Österreichisches Bundesheerに所属していて、2006年に退役した巡視艇が係留されている。
1004_101_1024
小さいほうが「A-601 Oberst Brecht」。
1004_102_1024
大きい方は、「A-604 Niederösterreich」。
1004_103_1024
船は帝国橋の下を行き、「A-601 Oberst Brecht」の横をすすむ。
1004_104_1024
続いて「A-604 Niederösterreich」の横をすすむ。
1004_105_1024
「A-604 Niederösterreich」は1970年に就役、乗組員9人で全長約30m、20ミリ機関砲や12.7ミリ機銃、7.62ミリ機銃などで武装していた。
「A-601 Oberst Brecht」は1958年に就役、乗組員5人で全長約12m、12.7ミリ機銃などで武装していた。
1004_106_1024
現在は、武装は解かれている。
1004_107_1024
この船を観ることができたので、運河めぐりの目的のひとつを達成できた。

右に、ドナウタワーが見えてくる。
1004_111_1024
ドナウタワーは1964年に建てられた高さ252mのテレビ塔で、展望台やレストランがある。
国連機関が集まる、UNO-Cityのそばである。
左側には、ミレニアムタワーが見える。
1004_112_1024
ミレニアムタワーは1999年に建てられ、50階建で202m。
船から、橋を渡るU6が見える。
1004_113_1024
U6の行く先は、フロリッツドルフ。
橋をくぐりぬけると、北駅の方に走るSバーンが見える。
1004_114_1024
やがて、オットー・ワーグナーのドナウ川水門監視所が見えてくる。
1004_115_1024
水門監視所の横にある水門には、ルドルフヴァイアー作の二頭のライオンが立つ。
1004_116_1024
船はほとんど180度左に舵を切って、ドナウ川からドナウ運河に入って行く。
1004_117_1024
帝国橋から乗ってきた高校生軍団、船から見える景色に何の興味もないようで、居眠りしたりおしゃべりしたり。

|

« Elisabeth 2012 Wien/5 運河めぐり(3)ドナウ川・その1 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/7 運河めぐり(5)水門・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elisabeth 2012 Wien/6 運河めぐり(4)巡視艇とドナウ川・その2:

« Elisabeth 2012 Wien/5 運河めぐり(3)ドナウ川・その1 | トップページ | Elisabeth 2012 Wien/7 運河めぐり(5)水門・その2 »