« 死闘の海―第一次世界大戦海戦史 | トップページ | 2012年9月〜10月 »

2012年8月20日 (月)

バルトの楽園(がくえん)

Dscn1589_1024

映画のノベライズということでは、割り引いて読む必要はあるだろう。
主題である第九の初演や“Die Baracke”発行、アメリカの外交官による収容所視察は史実である。

青島総督クルト・ハインリッヒ少将のモデルと思われるワルデック青島総督(Alfred Wilhelm Moritz Meyer-Waldeck、降伏時は海軍大佐、終戦後中将に遡及昇進)が収容されたのは板東収容所ではなく、習志野収容所である。
習志野でも、地域との交流が行われていた。

古田求/著
潮出版社

|

« 死闘の海―第一次世界大戦海戦史 | トップページ | 2012年9月〜10月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルトの楽園(がくえん):

« 死闘の海―第一次世界大戦海戦史 | トップページ | 2012年9月〜10月 »