« 遠野市博物館、ズモナビール | トップページ | 釜石から宮古へ »

2012年7月 9日 (月)

大船渡から釜石へ

昨日買ったワインは、残るかと思ったが気付いたら空だった。
0709_0101_1024_3

2日目はR283を陸中海岸に向かう。
予定ではそのまま釜石に抜けようと考えていたのだが、せっかくここまで来たのでR340、R107と乗り継いで、大船渡に抜けた。

大船渡は、昨年、職場からのべ十数名の職員を支援に派遣したところだ。
国道から街中の道に入って大船渡線沿いに走ってみるが、津波に現れた地域は、建物の土台が残るだけで、この一帯は

建物を建てることは許可されないのだろう。
観光バスが走るのは、被災地ツァーか。

大船渡小学校あたりでR45に乗り北上、リアスホール、保健福祉センターなど、活動拠点だった建物の姿は確認できるが、ちょっと撮影する気持ちにはなれない。

R45から三陸道路に乗り、道の駅さんりくで小休止したあと、唐丹町を見下ろす高台から町の様子を見る。
0709_0102_1024
壊れた防潮堤を修復している。

しばらく走ると、釜石の街を抜ける。
0709_0103_1024
ちょうど釜石警察署の駐車場前である。
0709_0103_1025
地図上に表示されている駐車場左の建物は、土台しか見えない。

釜石のはずれから三陸道路に入るところにあるコンクリート工場には、瓦礫が山積みになっている。
0709_0104_1024
ちょっと視線を動かすと、こちらにも瓦礫の山。
0709_0105_1024
こうした光景が、街々にあたりまえのように存在している。
この光景を見てもなお、「瓦礫受け入れ拒否」を言いつのるのか。

|

« 遠野市博物館、ズモナビール | トップページ | 釜石から宮古へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大船渡から釜石へ:

« 遠野市博物館、ズモナビール | トップページ | 釜石から宮古へ »