« 休暇村陸中宮古 | トップページ | 小岩井農場 その2 »

2012年7月10日 (火)

小岩井農場 その1

3日目、R106で内陸部に戻る。
盛岡を通り過ぎて、お昼前に小岩井農場まきば園に到着。
http://www.koiwai.co.jp/makiba/
11時半のバスツァーに間に合いそうだったので、乗ってみることにした。
http://www.koiwai.co.jp/eco/tour/meguri/index.html

0710_0201_1024
まず、1903年築の農場本部へ。
登録有形文化財である。

0710_0203_1024
そして、旧網張街道。
1888年、井上勝が岩手県令石井省一郎の案内で網張温泉に向かう途中とおり、当時は火山灰地の荒れ野だったここに農場を創設しようと考えた。
ここには、宮沢賢治もよく散歩に来ていたようだ。

0710_0204_1024
ガイドの山口さん、かすりにモンペ姿で案内。
昨年まで磯子区在住だったとか。

0710_0205_1024
1916築で登録有形文化財の四階倉庫。
1階は現役で使用中。

0710_0206_1024
農場で働く職員の子どもたちのための小学校。
現在は使われていない。

0710_0207_1024
飼料は一巻300キロ、牛さんは1日に60キロ食べるので、5日分。

0710_0208_1024
飼料の上にシートをかぶせてタイヤを置き、発酵させている。

0710_0211_1024
鶴ヶ台牛舎。
牛はつながれておらず、自由に暮らしている。

0710_0212_1024
この搾乳場に、牛は勝手に来るそうだ。

0710_0213_1024
牛用孫の手。
巨大なたわしがぐるぐるまわる。

|

« 休暇村陸中宮古 | トップページ | 小岩井農場 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小岩井農場 その1:

« 休暇村陸中宮古 | トップページ | 小岩井農場 その2 »