« 浄土ヶ浜 その1 | トップページ | 休暇村陸中宮古 »

2012年7月 9日 (月)

浄土ヶ浜 その2

3月11日午後2時20分頃、この船は港に着いたところで、乗っていた団体客は下船、船長以下乗組員は掃除をしていた。
そこに地震。
津波を警戒して、船は沖合に避難する。
沖の津波は、岸近くのような打ち寄せるものではなく、ゆっくりと船を持ちあげる。
帰港できたのは、警報が解除された42時間後だった。
その間、ウミネコパンを食べていたらしい。
下船した観光客は、バスで高台に逃れて無事、その後日本海側を走って帰京したのだという。

津波は、断崖をきれいにした、とも説明があった。
0709_0517_1024
ここに押し寄せた津波は、テントの上の松の幹に取り付けられたブイのところまであがった。
0709_0520_1024
そして、津波が引くとき、このあたりの海底が露わになったのだという。
0709_0521_1024

真の浄土ヶ浜は、ここから遊歩道を歩いていくことになるが、残念ながら遊歩道は通行禁止になっていた。
車道を歩けば行けないことはないのだが、どうしようかと看板を見ていたら、車の通行許可証を出してくれると言われる。
0709_0602_1024
ここが、本当の浄土ヶ浜。
0709_0601_1024
ここに来るのは、学生時代以来である。
0709_0603_1024

|

« 浄土ヶ浜 その1 | トップページ | 休暇村陸中宮古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浄土ヶ浜 その2:

« 浄土ヶ浜 その1 | トップページ | 休暇村陸中宮古 »