« Wien und Hallstatt/9 フォルクス・オパーへ向かう | トップページ | Wien und Hallstatt/11 The Sound of Music(Volksoper)その2 »

2012年5月 1日 (火)

Wien und Hallstatt/10 The Sound of Music(Volksoper)その1

駅から線路沿いに歩くと、すぐにフォルクスオパーである。
501_1001
正面横の車いす用出入り口から中に入り、予約票を見せてチケットをピックアップする。
501_1002
開演まで30分以上あるので、しばらく外で過ごす。
501_1003
正面には、ワインのスタンドも出ている。
そして、The Sound of Musicのポスター。
501_1004

ぼちぼちと中に入り、パンフレットというか、本を購入。
501_1005
中を見るとは、2005年初演時のもののようだ。
なので、キャスト表は別刷りになっている。
501_1006 501_1007

席は、10列目の0席と2B席。
ふだんは普通の席であるが、車いすのために撤去してスペースをつくっているようだ。
501_1008
一番端の席ではあるが、見切ることはなさそう。
2人分で144.5Eurだった。
501_1009
劇場としては、小さめな感じである。
501_1010
どのような客層なのかとまわりを見ると、年齢層は50代から60代以上で、高い。
中に、若者や子連れがちらほら程度である。

指揮者がオケピットに入り、前奏が始まる。
The Sound of Musicは英語で歌われたが、その他の歌や台詞は独語で、舞台の上に、全部ではないが英語字幕がつく。

幕間に外に出てみると、まだ、明るい。
501_1011
後半が始まる前に、オケピットを観察。
501_1012
機会があったら、上のほうからも見てみたい気がする。
501_1013
やはり、生オケはいい。
また、演じる人たちも、さすがにフォルクスオパーの人たちで、目をつぶって聴いていると、舞台からの声が体の中に響きながら入ってくる。
ただ、そばを通る市電の音が重なると、興ざめではある。

|

« Wien und Hallstatt/9 フォルクス・オパーへ向かう | トップページ | Wien und Hallstatt/11 The Sound of Music(Volksoper)その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wien und Hallstatt/10 The Sound of Music(Volksoper)その1:

« Wien und Hallstatt/9 フォルクス・オパーへ向かう | トップページ | Wien und Hallstatt/11 The Sound of Music(Volksoper)その2 »