« Wien und Hallstatt/5 旧市街 | トップページ | Wien und Hallstatt/2 ハンガリーふうバウムクーヘン@Noebaugasse »

2012年5月 5日 (土)

Wien und Hallstatt/1 西駅

朝、西駅に遊びに行くことにした。
昨日西駅に着いた時には見なかったのだが、1階に、プラーター観覧車の模型が出現していた。
505_101
他にも、各国の建物の模型などもあって、何やら旅行へのお誘いのようだ。
505_102

さて、ホームにあがると、DBのICEが入線していた。
505_103
昨年ドイツに行ったとき、パッサウからレーゲンスベルクまでICE22に乗車したが、そのICE22はウィーン西駅を14時36分に発ち、レーゲンスブルクを17時24分発、その後ニュルンベルグ等を経てフランクフルト・アム・マイン中央駅に21時36分着、終着のドルトムントに翌日1時21分に到着するICE Linie 91の列車だった。
505_104
西駅は、インターナショナルな駅なのである。
改装前の西口の窓口には、INLAND(国内)かAUSLAND(国外)かが表示されていた。

そして1116系電機。
505_105
ヨーロッパでは、連結器は日本とは異なり、ねじ式連結器を使っているので、巨大な緩衝器が車体の左右に装着されている。
505_106
Westbahnの列車が出ていく。
505_107
1044か1144電機と1063系電機の重連も入線している。
505_108

さらにrailjet。
railjetは2008年から運行が開始された特急列車で、「Premium」「Business」「Economy」の3クラスの座席がある
http://www.oebb.at/de/Services/Services_im_Zug/Unsere_Zuege/OeBB_railjet/
最後尾車両には運転室があり、機関車を制御してPendelzug運転を行う。
ただし、Pendelzug運転そのものはrailjet特有の運転方法ではなく、集中動力方式を採用している場合は、列車の両端に動力車を配したり、動力車と制御車を配したりしてPendelzug運転がされている。
505_109
けん引するのは1116系Taurus、客車と同一のカラーリングである。
505_110
機関車+客車7両で1編成であるが、2編成を連結している列車もある。
505_111
途中で切り離しを行うのだろう。
ホームから食堂車に、資材を積み込んでいた。
505_112

この間、Sisiyさんがネットにつないでいたら、「きょうの集まりの予約をしておきましょうか」と参加予定者からメッセージが入っていた。
お言葉に甘えることにすることにして、返信。

|

« Wien und Hallstatt/5 旧市街 | トップページ | Wien und Hallstatt/2 ハンガリーふうバウムクーヘン@Noebaugasse »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wien und Hallstatt/1 西駅:

« Wien und Hallstatt/5 旧市街 | トップページ | Wien und Hallstatt/2 ハンガリーふうバウムクーヘン@Noebaugasse »