« 十字軍物語3 | トップページ | 夏への扉 »

2012年2月11日 (土)

駒場旧前田侯爵邸

旧前田侯爵邸は、前田家16代当主前田利為(としなり)侯爵が昭和4年に本邸として建てたもので、建て坪342坪(1129平米)、延べ床面積888坪(2930平米)の地上3階地下1階の洋館と、その後建てられた和館の2棟、そして庭園が公開されている。
もともとは駒場農学校で、本郷に移転した跡地に第一高等学校が使い、また、一部を前田が邸宅のために所有することになった。
太平洋戦争後の昭和20年9月に連合軍に接収され、第5空軍司令官ホワイトヘッドの官邸として、昭和26年4月からは、極東総司令官リッジウェイの官邸として使われた。
その時、壁は白ペンキで塗られてしまったり、庭に噴水が作られた(現在は跡が残っている)らしい。
昭和31年に和館及び一部の土地が国の所有となり、昭和32年、接収解除。
昭和39年、洋館を東京都が買収、土地は東京都に無償貸与され、昭和42年7月に東京都立駒場公園となり、都立近代文学博物館として平成14年まで利用された。
昭和50年、駒場公園の管理は目黒区へ移管された。
平成3年、洋館が東京都指定有形文化財に、平成20年には和館も含めて東京都指定有形文化財となっている。

使用人は130人以上、洋館3階や邸宅周囲に住んでいた。
現在日本近代文学館が建っているあたりは、使用人の舎宅や馬場などがあったらしい。

なお、洋館入口に写真撮影禁止のマークがあるが、三脚を立てたり商業目的でなければ、OKのようだ。
今回の撮影にあたっては、ガイドさんの了解済み。

Dsc_5610  Dsc_5611
正門を入る。

Dsc_5634  Dsc_5612
洋館が見えてくる。昭和4年だと、馬車ではなく車をまわしたのだろう。

Dsc_5613
ここは何だったのだろう?

Dsc_5614  Dsc_5615
チューダー様式のアーチの車寄せ、外壁はクラッチタイル。

Dsc_5616
玄関にもアーチが見える。

Dsc_5627
玄関をあがったホール。

Dsc_5617  Dsc_5618
手前の広いサロンと奥のせまいサロン、大食堂。

Dsc_5619  Dsc_5620
前田利為侯爵の書斎、そして寝室。

Dsc_5621  Dsc_5622  Dsc_5623
2階階段ホールと階段。

Dsc_5624
1階階段ホール。

Dsc_5626
応接室から庭を見る。

Dsc_5628  Dsc_5629
庭から洋館を見る

Dsc_5630  Dsc_5631
庭に面した洋館、テラスとベランダ。

Dsc_5632  Dsc_5633
隅になにやら居る。スフィンクスか。

Dsc_5635
使用人部屋側。

Dsc_5636  Dsc_5637
和館への道と和館玄関。

Dsc_5639  Dsc_5644
雪吊りのある庭と和館の玄関。

Dsc_5640
廊下の窓越しの庭。

Dsc_5641  Dsc_5642
和館には広間が二間ある。ふたつの広間の間にある欄間の細工がすばらしい。

Dsc_5643
奥の広間。

|

« 十字軍物語3 | トップページ | 夏への扉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒場旧前田侯爵邸:

« 十字軍物語3 | トップページ | 夏への扉 »