« 駆け足神戸(1) | トップページ | 駆け足神戸(3) »

2011年11月29日 (火)

駆け足神戸(2)

神戸に来たからには、ここ、湊川神社に来なければならない。
中心街からちょっと外れたエリアにあるので、観光客が来るようなところではないだろうが。
20111129_001_1024
高速神戸を降りて地上にあがったところに鳥居があり、すぐに境内である。
Dscn0744_1024
木々は、少し色づいている。
Dscn0742_1024
大楠公御墓所の入口。
Dscn0741_1024
入口正面には徳川光圀公御像が立っている。
光圀公御像は、今から50余年前に建てられたものなので、古くはない。
Dscn0740_1024
徳川光圀公御像のいわれが記されている。
なぜ、湊川神社に徳川光圀公なのか。
楠公はんは北朝によって逆賊とされたのでなかなか顕彰できなかったようだが、徳川光圀公は忠臣であると評価したようだ。
それが水戸学に受け継がれ、尊皇思想ととも明治維新を迎えることになる。
Dscn0739_1024
楠公はんの御墓所。
碑面には「嗚呼忠臣楠子之墓」、光圀公筆。
Dscn0736_1024
楠木正成公墓碑の全体。
Dscn0738_1024
墓碑のいわれの説明が書かれている。
湊川神社社殿。
Dscn0735_1024
湊川神社の創建は、明治時代の1872年である。
社殿は戦災で焼失し、1952年に再建された。
湊川神社を出ると、神戸地方裁判所の建物がある。
Dscn0745_1024
1904年に建設された建物だが、1991年に改築されたときに、赤煉瓦の外観だけが再生保存されたそうだ。
ちょっと、キッチュな趣き。

|

« 駆け足神戸(1) | トップページ | 駆け足神戸(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駆け足神戸(2):

« 駆け足神戸(1) | トップページ | 駆け足神戸(3) »