« 1.御霊神社/面掛行列 | トップページ | 3.神輿/面掛行列 »

2011年9月18日 (日)

2.行列/面掛行列

午後2時半頃になると、先触れが歩き、行列が始まる。
_dsc_5094_1024
天狗のお面をかぶった猿田毘古が先頭である。
_dsc_5095_1024
猿田毘古は、あとに続く神々を導く。
_dsc_5096_1024
旗が続く。
_dsc_5097_1024
旗は電線にひっかからないように注意しなきゃ。
_dsc_5104_1024
旗が続き、うしろに獅子頭二頭が見えてくる。
_dsc_5100_1024
二頭の獅子頭は面をかぶらず、枠に載せている。
_dsc_5110_1024
爺。
_dsc_5111_1024
鬼と異形。
_dsc_5112_1024
異形と鼻長。
_dsc_5113_1024
鼻長と烏天狗。
_dsc_5115_1024_2
烏天狗と翁。
_dsc_5116_1024
火吹き男。
_dsc_5118_1024
火吹き男はヒョットコらしい。
_dsc_5119_1024
福禄寿。
_dsc_5121_1024
阿亀(孕み女=はらみっと)と取り上げ。
_dsc_5122_1024
伝説では、源頼朝が土地の非人の娘を身籠もらせてしまい、娘のもとにおしのびで通う頼朝の警護を非人たちが請け負った。
_dsc_5123_1024
このことから、年に一度の無礼講が許されたが、非人であるがゆえ人々に顔を見せることができず面をつけたということだ。
_dsc_5124_1024

|

« 1.御霊神社/面掛行列 | トップページ | 3.神輿/面掛行列 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2.行列/面掛行列:

« 1.御霊神社/面掛行列 | トップページ | 3.神輿/面掛行列 »