« 国立天文台野辺山の特別公開/「はやぶさ」とALMAでさぐる太陽系のはじまり | トップページ | 国立天文台野辺山の特別公開/45m電波望遠鏡 »

2011年8月20日 (土)

国立天文台野辺山の特別公開/施設見学

特別講演会の後は、施設内を見て歩く。
まずは、大阪府立大学1.85m電波望遠鏡。
Dsc_4943_1024

そばの太陽電波エリアへ向かう。
Dsc_4944_1024

ここでは、検波器の工作ができたりする。
奥に、45m電波望遠鏡が見えている。
Dsc_4945_1024_2

建物は太陽電波観測室、中が公開されている。
Dsc_4946_1024

200Mhz電波望遠鏡は、三鷹キャンパスで観測に使用していた日本で初めての電波望遠鏡で、退役後クズ鉄になりそうだったが関係者が気がついて、野辺山にひきとって復元したのだそうだ。
Dsc_4947_1024

説明パネルに、歴史がかたられている。
Dsc_4948_1024

Dsc_4949_1024

横にあるのは、ヘリオグラフで、観測はしていないがいじれる。
Dsc_4950_1024
ハンドルをまわすと、2台が連動して動く。
Dsc_4951_1024
説明パネルに、詳しく用途などが書かれている。
Dsc_4952_1024
その横のパネルでは、アンテナの説明。
Dsc_4953_1024_2

さらに歩いて行くと、ミリ波干渉計と移動のためのレールを横切る。
Dsc_4954_1024
ミリ波干渉計には、東西のレールと南北のレールがある。
Dsc_4955_1024
振り返ると、太陽電波観測室が見える。
Dsc_4956_1024
そして敷地の奥にはヘリオグラフ。
Dsc_4957_1024
84台が動いている。

|

« 国立天文台野辺山の特別公開/「はやぶさ」とALMAでさぐる太陽系のはじまり | トップページ | 国立天文台野辺山の特別公開/45m電波望遠鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立天文台野辺山の特別公開/施設見学:

« 国立天文台野辺山の特別公開/「はやぶさ」とALMAでさぐる太陽系のはじまり | トップページ | 国立天文台野辺山の特別公開/45m電波望遠鏡 »