« 2 ヘレンインゼルに渡る | トップページ | 4 ミュンヘンへ戻る »

2011年5月 4日 (水)

3 ヘレンキムゼー城

ヘレンキムゼー城は、ルートヴィヒ2世が、敬愛していた太陽王ルイ14世のヴェルサイユ宮殿を模して建てた、ノイシュバンシュタイン城、リンダーホフ城に続く3番目の城である。
建てるに至った経過は、
1864年 ルートヴィヒ2世がパリに滞在
1873年 ヘレンインゼル購入
1878年 定礎式
1886年 王の死により工事中断
ということだったようだ。
http://www.herren-chiemsee.de/index.htm

城をめざすには、島を歩かなければならない。
202_1024_2
馬車に乗ってというテもあるが、今回は歩いていくことにした。
森の中は、寒いが気持ちがいい。
ルードヴィヒは、馬車か馬に乗って行ったのだろうけれど。
203_1024_2
開けた所に出ると、広い庭園と正面の奥にヘレンキムゼー城が見える。
204_1024
ヴェルサイユ宮殿を模したというヘレンキムゼー城に近づいていく。
205_1024
http://chateauversailles.fr/homepage

11時15分からの、英語のガイドツァーに加わる。
人数は10人に満たない。
日本語表記のガイドファイルを貸してくれる。
おねーさんはいっしょうけんめい説明するが、ところどころ間違える。
「階段の間」、いきなりこれかよと思うような、豪華な階段。
「近衛兵の間」
「第1の控え室」、なぜか亀の甲羅のついたキャビネット。
「第2の控え室」
「ベッドルーム」、広く豪勢な寝室で、ベッドは3m×2.6mであるが、ここでルートヴィヒ2世が寝ることはなかった。
「会議室」、ルイ14世の大きな絵がある。
「鏡の間」、王宮の端から端までの部屋で長さ98メートル、蝋燭も2000本。
「寝室」、ルートヴィヒ2世が使ったのは10日で、トイレや更衣室に行く隠し扉がある。
「書斎」
「青のサロン」、マイセン陶器で作られたシャンデリア。
「キッチン」、料理を並べたテーブルごと上の食堂にあげるエレベータあり。
「小回廊」
「プライベート階段」は未完成でレンガむき出し。
「お風呂」、水深1.7メートル、直径7.5メートル。
ガイドの終了は11時55分。
ショップでガイドブック(日本語版)購入。
5040301
ヴィスコンティの「LUDWIG」でもヘレンキムゼー城が出てきて、たしか、エリーザベトが訪ねてきたのではなかったか。

寒くて疲れたので、カフェでグリューワインを頼んだが、あまり暖かくなかった。

噴水の池からのお城を眺めてみる。
206_1024
池にはカモさんがいた。
207_1024
カモさんにえさをあげている人もいた。
208_1024

<続く>

|

« 2 ヘレンインゼルに渡る | トップページ | 4 ミュンヘンへ戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 ヘレンキムゼー城:

« 2 ヘレンインゼルに渡る | トップページ | 4 ミュンヘンへ戻る »