« 1 ふたたび中州へ | トップページ | 3 レーゲンスブルクとのお別れ »

2011年5月 2日 (月)

2 パイプオルガン

ちょっと足を伸ばして、ブラシ屋に寄ってみた。
0402_1024
ここも「世界ふれあい街歩き」で放映された「街のブラシ屋」で、馬の毛を使ったブラシが多いらしい。

大聖堂の南側にある郵便局に行き、日本に絵葉書を発送。
1230_1024
日本とドイツで同時発売された日独150周年記念切手の、レーゲンスブルク大聖堂の切手を貼ってくれたので、ほかに10枚シートも購入。
5020201
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2010/h230124_t.html
http://philatelie.deutschepost.de/philatelie/shop/templates/produktseiten/produktdetail_standard.jhtml?id=prod13080049&navCount=0&navAction=jump&r_s=&r_n=25
ほかにもDeutsche Postブランドの文房具や梱包材料を売っている。

疲れたので、Alte Kapeleに面したカフェでひとやすみ。
0850_1024
Sisiyさんが、大聖堂のパイプオルガンを聴いていかないかと提案する。
パイプオルガンの演奏は12時からなので、その前にチェックアウトしなければならない。
荷造りは既にすませてあるので、急いでホテルに戻り、チェックアウトをして、スーツケースはバッゲージルームに預かってもらった。
その間Sisiyさんはカフェでのんびり。

大聖堂に入り、パイプオルガンを正面に見るベンチに着席する。
1306_1024
この時間は、パイプオルガンの前には入れない。
1307_1024
時間は15分ほど、数曲であるが、平日のお昼にパイプオルガンのコンサートをやっているのであった。
1308_1024
月曜日であるが、日曜日よりも観光客の姿が多い。
1309_1024

<続く>

|

« 1 ふたたび中州へ | トップページ | 3 レーゲンスブルクとのお別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2 パイプオルガン:

« 1 ふたたび中州へ | トップページ | 3 レーゲンスブルクとのお別れ »