« 5 白バラ記念館 | トップページ | 7 NSDAP関連地の散策 »

2011年5月 3日 (火)

6 エリーザベト生誕の地

一般的に「ミュンヘン大学」と言われているが、正式な名称は「ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(Ludwig-Maximilians-Universität München)」である。
403_1024_2
大学の外壁には、第二次世界大戦当時の銃弾跡が残されている。
404_1024

大学から南方向に向かって歩いていくと、右側にルートヴィヒ通り13番地のブロックがある。
Dsc_4173_1024
この建物に、プレートがはめられている。
Dsc_4176_1024
大きくしてみると、シシィだ。
Dsc_4177_1024

プレートには、
HIER WURDE
"SISSY"
ELISABETH
KAISERIN VON ÖSTERREICH
UND KÖNIGIN VON UNGARN
IM JAHRE 1837 GEBOREN
と刻まれている。
「1837年にオーストリア后妃・ハンガリー王妃になった"シシィ”がここで生まれた「ということだ。

ここが、シシィ、1854年4月にオーストリア帝国、後のオーストリア=ハンガリー帝国のオーストリア皇帝及びハンガリー国王フランツ・ヨーゼフ1世(Franz Joseph I.)の許に嫁いだ、エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ(Elisabeth Amalie Eugenie von Wittelsbach)が生まれた、バイエルン公爵家のマックスの館である。
Dsc_4178_1024

1828年~1830年にレオ・フォン・クレンツェによって建てられ、1938年~1941年に改築されたが中断し1949年~1950年にカール・ザットラーの手により完成した。
Dsc_4179_1024
現在は、Deutsche Bundesbankの建物である。

オデオンスプラッツから地下鉄を使って、いったんホテルに戻る。
願わくば、ウィーンの地下鉄のように、路線によって色分けするなどしてもらいたいものだ。

<続く>

|

« 5 白バラ記念館 | トップページ | 7 NSDAP関連地の散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6 エリーザベト生誕の地:

« 5 白バラ記念館 | トップページ | 7 NSDAP関連地の散策 »