« レーゲンスブルクの歴史(5) | トップページ | 6 アウアー・ドゥルト »

2011年5月 2日 (月)

5 ミュンヘン到着

ALX354がミュンヘンに到着したのは、50分遅れのほとんど16時だった。
Db_06_1024
あとで調べてみると、このALEX354はFranz Kafka号と名前がついていたようだ。
http://www.mobil-mit-alex.de/SITEFORUM/fahrplan/fahrplaene_ab_12_12_2010/
最後尾に乗ったので、櫛形ホームではずっと歩いていかなければならない。
ホームの途中には、ホームを横断する陸橋も地下道もない。
レーゲンスベルクに入線したときは、制御車が連結されていたのだが、ミュンヘン到着時には連結されていない。
レーゲンスベルクで切り離したのかもしれない。
Db_07_1024

隣のホームにはDBのDB218機関車。
Db_09_1024
ALX354の客車はチェコだったが、機関車はちゃんとARRIVAである。
Db_08_1024
ジーメンス製、ÖBBでは1016、1116、1216として運用されている機関車と同じだ。
ARRIVA(アリーヴァ)はイギリスが拠点で、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、イタリア、スペイン、オランダ、ポルトガルなどで公共交通機関の運行を行っている会社だ。

16時過ぎ、Eden Hotel Wolffチェックイン。
部屋は、28日に泊まったときと同じ部屋だった。
ブッキング・コムで予約したとき、28日の部屋には特に条件をつけず、2日からの部屋は広めの部屋としたのだが。
28日の部屋(料金は2日以降より安い)をおまけしてくれたと、解釈しよう。
さっそくKさんに電話し、Kさんおすすめの市場に出かけることにした。
落ち合う前に、スーパーに行き、ホテル滞在用のビールや自宅用にダルマイヤーのコーヒー(500gで3Eurそこそこ)、ばらまき用おみやげなどを買っておく。

<続く>

|

« レーゲンスブルクの歴史(5) | トップページ | 6 アウアー・ドゥルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5 ミュンヘン到着:

« レーゲンスブルクの歴史(5) | トップページ | 6 アウアー・ドゥルト »