« 3 最古のカフェとドン・ファン | トップページ | 5 ビスマルク広場 »

2011年5月 1日 (日)

4 ケプラー通り

路地を抜けると、ケプラー通り(Keplerstrasse)にぶつかる。
0878_1024
中世時代、神聖ローマ帝国自由都市の港通りとして、商家や宿屋が建ち並んだところである。
0877_1024
この通りにはカタリーナが住んでいて、フリデリーケが道端で吐血してしまったところに通りかかったカタリーナが、何かあったときには自分達のことを思い出すよう声を掛けた(オル窓ネタ)。

ケプラー通り2番地には、ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler)と家族が1626-1628年の間住んでいた。
0879_1024
また、ケプラー通り5番地はケプラーの友人の家で、1630年にケプラーが亡くなった。
0882_1024
現在は「ケプラー記念館(Kepler-Gedächtnishaus)」である。
http://www.regensburg.de/kultur/museen-in-regensburg/staedtische-museen/kepler-gedaechtnishaus/39083
0881_1024
見学はガイド・ツァーのみらしいが、ドアノブをまわしたけれども扉は閉まっていた。
0880_1024
狭い路地を歩くと、花壇があったりする。
0883_1024

ふたたび、旧市庁舎の前に出た。
1102_1024
旧市庁舎1階はインフォになっていて、その横に入り口がある。
1103_1024
覗いてみると、壁に双頭の鷲。
1104_1024
階段をあがると何人かの観光客然とした人がいて、案内の人に連れられてドアの向こうに入っていくところだった。
案内の人に聞いたら、インフォでガイド・ツアーの申し込みをしてくれということだった。
下のインフォで聞いてみると、3時に英語バージョンのツアーがあると教えてくれた。

ビショーフスホーフから大聖堂の前を歩いてマクシミリアン通りに出る。
0884_1024
日曜日とあって、レーゲンスブルク銀座とも言うべきマクシミリアン通りではあるが、人通りもなく閑散としている。
1251_1024_2

<続く>

|

« 3 最古のカフェとドン・ファン | トップページ | 5 ビスマルク広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4 ケプラー通り:

« 3 最古のカフェとドン・ファン | トップページ | 5 ビスマルク広場 »