« 4 二度と繰り返すな | トップページ | 6 ペルラッハ・フォルスト墓地 »

2011年5月 5日 (木)

5 白バラふたたび

ホテルにもどって、Sisiyさんと同行してKさんのお店にき、その後ふたたび単独行動。

まず、お店から地下鉄でひとつ先の駅に付近の、ヴィリー・グラーフ(Wilhelm (Willi) Graf)が住んでいた家(Mandlstraße 1)に行く。
しかし、何とそこは建築工事中で、ここにあるはずのヴィリー・グラーフの住居を示すプレートは確認できなかった。
704_1024

続いて、Franz Joseph Straße 13へ。
703_1024
ここは、ハンス・ショル(Hans Fritz Scholl)とソフィー・ショル(Sophie(Sophie) Magdalena Scholl)の兄妹が、1942年6月から逮捕される43年2月まで住んでいた家である。
701_1024
ショル兄妹の住居を示すプレートがある。
702_1024

もう一度、大学のリヒトホーフに行ってみる。
ショル兄妹たちが最後にビラを撒いたリヒトホーフ3階には、白バラメンバーの名前が刻まれた碑がある。
404_1024
ビラを撒いたリヒトホーフ3階から、下を見る。
405_1024

大学そばのシェリング通り(Schellingstraße)を歩き、テュルケン通り(Türkenstraße)で右に曲がった少し先にゲオルク・エルザー広場(Georg-Elser-Platz)がある。
301_1024
特に何かのモニュメントは見当たらず、標識からそれと知ることができるだけである。
302_1024
なお、ゲオルク・エルザーに関しては、ここが詳しい。
http://www.georg-elser-arbeitskreis.de/

シェリング通りをバラー通り(Barer straße)に行くまでの間の北側に、NSDAPが政党になる前の一番始めの事務所のような建物があり、鷲の紋章がある。
401_1024
ここはNSDAPが1925年から使い、1935年頃に鷲が取り付けられたらしい。
http://www.muenchen.de/Rathaus/kult/stadtgeschichte/kgp/maxvorstadt/333353/schelling.html
シェリング通りをバラー通りの交差点には、ヒトラーがよく来ていたというビアホール「シェリングサロン」がある。
402_1024

<続く>

|

« 4 二度と繰り返すな | トップページ | 6 ペルラッハ・フォルスト墓地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5 白バラふたたび:

« 4 二度と繰り返すな | トップページ | 6 ペルラッハ・フォルスト墓地 »