« 10 ヴァルハラへ | トップページ | 12 ヴァルハラ神殿から戻る »

2011年4月30日 (土)

11 ヴァルハラ神殿

ヴァルハラ神殿は、バイエルン王国の皇太子ルートヴィヒ1世の命により、建築家レオ・フォン・クレンツェが1830年から1842年に建設した「賞賛に値する著名なドイツ人」の殿堂である。
http://www.walhalla-regensburg.de/
そもそものきっかけは、ナポレオンの侵攻にあるらしい。
1006_1024
桟橋から上陸し、道路をくぐってしばらくあがると、やがて坂をあがる。
ドナウ川の土手から上がる大理石の階段は、350段以上ある。
1015_1024

神殿まであがると、蛇行するドナウ川とバイエルンの平原を眺めることができる。
1011_1024
下流側から
1012_1024
上流側を俯瞰してみる。
1013_1024
コロネードのギリシャ風の柱の間から、ドナウ川の流れを見る。
1014_1024
珍しく、日本人3人連れとすれ違うが、船では見抱えなかったのでバスか車で来たのだろう。

中に入るためには入場料が必要で、ドアを入ったところにカーサがある。
1021_1024
入場料は3Eurだった。
4301101
幾何学的な模様の床、金の縁取りのなかに星が描かれた青の天井を、ヴァルハラの守護女神ヴァルキューレが支えている。
1022_1024
内部には、現在、65枚の銘板と130体の胸像がある。
1023_1024
奥には、ルートヴィヒ1世の像。
1024_1024
現在、内部は修復作業中だった。
1025_1024
ナチス・ドイツに抵抗したドイツ人レジスタンス達の銘板(2003年)や、ゾフィー・ショルの胸像(2003年)も納められている。
101_1024
場所は、中に入って入り口に向かって、すぐ左である。

それにしても、障害者には大変なところだ。
船で来ると、持ち上げてくれる人がいないと、上にはあがれない。
神殿の石段には手すりがないので、持ち上げるにしても難儀である。
車で来ることができれば、地面から神殿までの石段さえ乗り越えれば、回廊正面からの雄大な眺めは満喫できる。

<続く>

|

« 10 ヴァルハラへ | トップページ | 12 ヴァルハラ神殿から戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11 ヴァルハラ神殿:

« 10 ヴァルハラへ | トップページ | 12 ヴァルハラ神殿から戻る »