« 10 レーゲンスブルク到着 | トップページ | 1 レーゲンスブルクの朝 »

2011年4月29日 (金)

11 ナンチャッテ寿司

晩ご飯を食べに、外に出ることにした。
ホテルのそばに、「世界ふれあい街歩き」で放映された「街の畑」があるはずだ。
探すこともなく見つかる。
もともとゴミ捨て場だったが、とある人が片付けて畑にしたらしい。
0401_1024
下を覗いてみたが、誰もいなかった。

路地を10分ほど歩いていくと、ノイプファル広場を抜けて、夕陽に映えているレーゲンスブルク大聖堂に行き着いた。
1301_1024
どこに入ろうかとうろうろしていたら、寿司カフェの看板があった。
近づいてみると、う~ん、悩ましい。
横を見ると、隣の家にプレートがある。
ここはWatmarkt(ヴァットマルクト)通り、シンドラーが住んでいたところだ。
オスカー・シンドラー(Oskar Schindler)は、1945年11月からレーゲンスブルクのWatmarktに住んでいたので、そのことを示すプレートである。
101_1024_3
シンドラーは、後にドナウ北岸に移転し、1950年5月まで住んでいた。

結局、この寿司カフェに入ることにした。
アサヒやキリンなど日本のビールがあるというのだが、せっかくドイツにいるので日本ビールはパスする。
0501_1024
店のなかには、なぞの「グリーンアスパラ巻き」のおすすめがあったりする。
0503_1024
やがて、注文したお寿司がやってきた。
0502_1024
ぎょえ~、酢飯じゃない~っ!
アサヒビールの前掛けをしたお店のおねーさんは気さくなのだが、酢飯じゃないのは許せない。
もう来たくないぞ。
ツァーレンのとき、「福島はだいじょうぶなの?」など、心配してくれてはいた(好意的に受け止めて)のだが。

<続く>

|

« 10 レーゲンスブルク到着 | トップページ | 1 レーゲンスブルクの朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11 ナンチャッテ寿司:

« 10 レーゲンスブルク到着 | トップページ | 1 レーゲンスブルクの朝 »