« 7 聖シュテファン大聖堂 | トップページ | パッサウの歴史・車いす利用者のためのパッサウ地図 »

2011年4月29日 (金)

8 ガラス博物館

路地を横目に歩いて、「Hotel Wilder Mann」に戻ることにする。
F_01_1024
狭い道だが、車はよく通る。
F_02_1024
まずは、ガラス博物館(Passauer Glasmuseum)に入ってみる。
http://www.glasmuseum.de/
入り口は、Hotel Wilder MannとGlasmuseumのふたつのドアがあるのだが、ドアの中は同じ空間だ。
奥にカーサがあるので、入場料1人5eurを払って中に行く。
フロアごとに、膨大な数のボヘミアンガラスが展示されている。
F_03_1024
よくぞ集めたり。
客の姿は、ちらほらといったところ。

そして、ガラス博物館では、エリーザベトが泊った部屋を見ることができる。
Dsc_3804_1024
わりと天井が低い。
Dsc_3805_1024
泊ったのは、13号室ということなのだろうか。
Dsc_3807_1024
泊った部屋のドアには、エリーザベトのポスターが貼ってある。
Dsc_3808_1024
フランツ・ヨーゼフとの婚礼のときに、エリーザベトはパッサウに立ち寄っている。
1854/4/20:ミュンヘン出発、シュトラウビング(Straubing)から蒸気船に乗船
1854/4/21:午後2時パッサウ到着、フランツ・ヨーゼフ号に乗船、午後6時リンツ到着
1854/4/22:リンツ発、午後4時ウィーン北のヌスドルフ到着
宿泊はしていないので、フランツ・ヨーゼフと結婚するためウィーンに発つときに、このホテルに泊まったのではない。
ホテルのサイトに
"Die Wittelsbacherin Elisabeth II. ("Sissi"), Kaiserin von Österreich, verbringt im Jahr 1862 acht Tage im "Wilden Mann". Sie trifft sich hier mit Ihren Eltern Herzog Max und Herzogin Ludowika in Bayern und mit ihrer Schwester Königin Marie von Bourbon-Neapel. Am 19. Juli 1878 übernachtet die Kaiserin ein zweites Mal."
との記述がある。
ヴィッテルスバッハ家のエリザベスII("シシー")、オーストリアの皇后、は1862年に「Wilder Mann」今年で8日間過ごした。彼女はここで、両親のバイエルンのマックス公爵とルドヴィカ公爵夫人、ブルボンナポリの妹王妃マリーと会った。1878年7月19日、皇后は二度目の宿泊をした。
http://www.wilder-mann.com

16時10分頃のバスで、RathausからZOBに戻り、駅までパッサウ銀座をぶらぶら歩き、駅のホームのカフェでコーヒーを飲みながら時間をつぶす。

<続く>

|

« 7 聖シュテファン大聖堂 | トップページ | パッサウの歴史・車いす利用者のためのパッサウ地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8 ガラス博物館:

« 7 聖シュテファン大聖堂 | トップページ | パッサウの歴史・車いす利用者のためのパッサウ地図 »