« 3 トゥルン・ウント・タクシス城 | トップページ | 5 聖エメラム教会 »

2011年4月30日 (土)

4 トゥルン・ウント・タクシス城ガイド・ツァー

10時のガイド・ツァーに参加する。
4300401
ドイツ語のツァーなので、英語のオーディオガイドを貸してくれた。
まず、中庭からスタート。
0622_1024
中庭の右側に見える建物がユリウス、クラウス、イザークなどが学んだザンクト・セバスチァン音楽学校のモデルとなった建物である(オル窓ネタ)。
ツァー参加者のお子が、犬と戯れる。
0621_1024
この犬、サイトやガイドブックの表紙に写っている、グロリア・フォン・トゥルン・ウント・タクシス(Gloria von Thurn und Taxis)夫人が抱いている犬と関係があるのかもしれない。
http://www.thurnundtaxis.de

皇帝の謁見の間、祝祭・舞踏会の間、鏡の間、緑のサロン、黄色のサロン、ジョセフィーヌ(ナポレオンの奥さん)が寝たベッドのある寝室などをまわる。
それぞれの部屋や調度品には、説明板は置かれていない。
廊下がないので、部屋から部屋へ抜けていく構造である。
ひととおりまわったガイド・ツァーは、11時20分に終了。

ショップで、ガイドブック(日本語版はないので英語版)を購入。
4300402
レーゲンスブルクのイラスト地図も購入。
4300403
トゥルン・ウント・タクシス城内がどのようなところかは、
http://www.thurnundtaxis.de/museen/rundgang-durch-das-schloss/ankunft.html
をご覧あれ。
また、ここにはグロリア・フォン・トゥルン・ウント・タクシス夫人のインタビューが掲載されている。
http://www.visit-germany.jp/JPN/nature_active_recreation/spug_famous_people/detail/Regensburg_Schloss_Thurn_u_Taxis.htm?slidebox=personen&view=persoenlichkeiten

ガイド・ツァーが終わったあとは、どっと疲れが出たので、城内のカフェでしばし休憩。
0631_1024
アプフェル・シュトゥルーデル・ミット・ザーネ、でかいしクリームもたっぷり。

※車いすでガイドツァーを利用するには、階段を上下するときの手助けが必要。

<続く>

|

« 3 トゥルン・ウント・タクシス城 | トップページ | 5 聖エメラム教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4 トゥルン・ウント・タクシス城ガイド・ツァー:

« 3 トゥルン・ウント・タクシス城 | トップページ | 5 聖エメラム教会 »