« 6 Drei Flüssenは、Drei Fußではない? | トップページ | 8 ガラス博物館 »

2011年4月29日 (金)

7 聖シュテファン大聖堂

お昼をすませDom(聖シュテファン大聖堂、St. Stephan)に行ってみる。
E_01_1024
路地を抜けていくと、Domである。
聖シュテファン大聖堂は1407年に建てられ、1662年の大火によって大部分が消失したが、1668年に再建された。
ウィーンはパッサウ司教区に属していたのだが、1469年に神聖ローマ皇帝フリードリッヒ3世がローマ法王を説得し、ウィーンを独立の司教区に格上げしたという歴史がある。

Domの中に入ると、正面に祭壇がある。
E_02_1024
そして、振り向けば、パイプオルガン。
E_03_1024

ここ聖シュテファン大聖堂にあるパイプオルガンは、17774本のパイプと231の弁装置をもつ世界最大のパイプオルガンである。
E_04_1024
正午にパイプオルガンの音を聴くことができるのだが、とっくに過ぎていた。
天井に描かれた絵も、すばらしい。
E_05_1024
片隅には、赤い蝋燭がともされていた。
E_06_1024
Domの中庭にも入ることができるが、中世に迷いこんだ感覚だ。
E_07_1024

<続く>

|

« 6 Drei Flüssenは、Drei Fußではない? | トップページ | 8 ガラス博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7 聖シュテファン大聖堂:

« 6 Drei Flüssenは、Drei Fußではない? | トップページ | 8 ガラス博物館 »