« 3.旧岩崎邸庭園/子規庵と旧岩崎邸庭園 | トップページ | 東京のクリスマス »

2010年12月10日 (金)

ゴッホ展

千代田線乃木坂で降りて、そのまま国立新美術館へ向かう。
101_1024_2
目指すのは、ゴッホ展。

「こうして私はゴッホになった」というサブタイトルのとおり、
第I章 「伝統-ファン・ゴッホに対する初期期の影響」
第II章 「若き芸術家の誕生」
第III章 「色彩理論と人体の研究、ニューネン」
第IV章 「パリのモダニズム」
第V章 「真のモダンアーティストの誕生、アルル」
第VI章 「さらなる探求と様式の展開-サン=レミとオーヴェール=シュル=オワーズ」
と、展示は時代を追っていく。

ゴッホの書簡があったが、その筆跡には、精神疾患の影響を感じさせる彼の絵ほどの崩れは感じられなかった。
また、ゴッホと精神疾患との関係についての解説もなかった。

アルルの寝室が再現されていた。

それにしても、人の多さよ。
102_1024_2

|

« 3.旧岩崎邸庭園/子規庵と旧岩崎邸庭園 | トップページ | 東京のクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホ展:

« 3.旧岩崎邸庭園/子規庵と旧岩崎邸庭園 | トップページ | 東京のクリスマス »