« アプトの道散策(5) 新線旧線分岐~霧積川橋梁 | トップページ | アプトの道散策(7) 上信越道碓氷橋~あぷとくん »

2010年10月 7日 (木)

アプトの道散策(6) 旧丸山変電所~旧丸山踏切

そばの電柱を垂直線と見ると、勾配の様子がわかる。
20101007_57_1024
線路は右にカーブして行き、正面にレンガ造りの旧丸山変電所が見えてくる。
20101007_60_1024
旧丸山変電所は、1912年(明治45年)の碓氷線電化にともない建設されたものだが、1963年(昭和38年)の新線開業とともに廃止となり荒れ果てていたが、平成6年(1994年)12月27日に国の重要文化財に指定され、平成12年(2000年)から2年間かけて修復された。
20101007_63_1024
軽井沢側の建物が機械室、横川側の建物が蓄電池室である。
20101007_66_1024

横川から、トロッコ列車が走ってくるのが見えた。
通常は平日運転はしていないので、団体が利用しているのだろう。
20101007_70_1024
目の前を通り過ぎると、旧丸山変電所前に作られた「まるやま」駅に停車した。
20101007_72_1024

丸山発電所から少し下ると、旧丸山踏切がある。
警報機も何もない、第4種踏切である。
20101007_73_1024
錆びついた表示板が残っている。
20101007_74_1024
30.5キロ地点を通過。
20101007_76_1024

|

« アプトの道散策(5) 新線旧線分岐~霧積川橋梁 | トップページ | アプトの道散策(7) 上信越道碓氷橋~あぷとくん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アプトの道散策(6) 旧丸山変電所~旧丸山踏切:

« アプトの道散策(5) 新線旧線分岐~霧積川橋梁 | トップページ | アプトの道散策(7) 上信越道碓氷橋~あぷとくん »