« 長野と日光 (3) ワインパーティー | トップページ | 長野と日光 (5) 沼田から吹割の滝 »

2010年9月 4日 (土)

長野と日光 (4) 長野にもどる

ワイナリーからタクシーで小布施駅へ。
窓口には誰もいない。
「おぉ~い」と呼ばわり、自販機で買った小人用の切符にスタンプを押してもらう。
この時間の長野方面行きは特急なので、プラス特急料金100円也を払うことになる。
116_20100904_402_640
ホームに行くと、リンゴ色の2000系に遭遇できた。
115_20100904_407_640
入線してきた長野行き特急車両は元小田急ロマンスカーHiSEではなかったが、19時14分発マルーン塗装の2000系B特急に乗車。
117_20100904_408_640
時間が時間なのかもしれないが、車内はがらがらである。
118_20100904_409_640
昭和32年の登場時を復刻したマルーン塗装の説明が、扉の上に貼られていた。
119_20100904_410_640_2
19時43分に長野に到着、特急券をお持ち帰りにしようとしたら、改札口で「特急券をお持ちでなければ料金100円です」と言われた。
持っていた特急券を見せて、「持って帰りたいんですが」と聞いたら、「改札口でスタンプを押してもらってください」というので、改札口に提示、スタンプが押された返ってきた。
119_20100904_411_640

特急といえば、引退した253系NEX車両がJRから長電に譲渡され、来年度から運用されるようだ。
また、屋代線を活性化させようと、取り組みが行われている。
信州中野と木島とを結んでいた木島線が廃止されたのが、2002年3月。
学生時代にお世話になった長野電鉄には、がんばってほしいものだ。
2000系は長野電鉄オリジナルだが、同じような湘南型の顔つきの東急5000系も走っていた時代があった。

コンビニでビールを調達し、ホテルへ。
120_20100904_411_640
テレビ放映された「ナイト・ミュージアム」に笑って、初日が終了。

|

« 長野と日光 (3) ワインパーティー | トップページ | 長野と日光 (5) 沼田から吹割の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野と日光 (4) 長野にもどる:

« 長野と日光 (3) ワインパーティー | トップページ | 長野と日光 (5) 沼田から吹割の滝 »