« 餘部_2 | トップページ | 天橋立 »

2010年7月15日 (木)

餘部_3

浜坂からバスに乗り、R178を餘部に戻ります。
今度は、下界から余部橋りょうを眺めるのです。
橋梁の北側から、京都方向から下関方向に流してみます。
20100715_138_640

20100715_139_640

20100715_140_640

橋脚は、シートで覆われ始めています。
20100715_141_0640

20100715_142_0640

橋の下はR178がくぐりぬけています。
20100715_150_0640

R178を歩いて南側に行くと、コンクリート製に新橋が完成しています。
20100715_143_0640  20100715_144_640

7月から8月にかけて、山陰本線は鋼製のトレッスル橋からコンクリート製の橋梁に付け替えられますが、その概要がありました。
20100715_145_640

20100715_146_640

20100715_147_640

下から見上げた41mの高さ、駅はこの高さを歩かなければなりません。
20100715_148_640

自動車やバイクで駅に行くことは、不可です。
20100715_149_640

この表示を見ることができるのも、いよいよ最後になりました。
20100715_151_0640

20100715_152_0640
餘部の集落の海、なんとなく寂しそうな雰囲気でした。

|

« 餘部_2 | トップページ | 天橋立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餘部_3:

« 餘部_2 | トップページ | 天橋立 »