« 春の長野 1 ~葡萄の苗木植樹~ | トップページ | 春の長野 3 ~ワインパーティー~ »

2010年4月24日 (土)

春の長野 2 ~桜とワイナリー~

作業が終わって、お昼ごはんに行ったところは、新生病院の中にあるメイプル。
和風ハンバーグをいただいたが、ボリュームたっぷりでリーズナブルである。
24_f01_maple_640

24_f02_maple_640
お店の前の桜も、椿と並んで見事に咲いていた。
24_f05_maple_640  24_f04_maple_640

小布施橋たもとの千曲川ふれあい公園に行ってみると、早くも鯉のぼりが空を泳いでいる。
24_g03_obusebashi_640

24_g02_chikumagawahureaikouen_640
堤には、桜と花桃が咲いている。
24_g05_chikumagawahureaikouen_640

24_g06_chikumagawahureaikouen_640
枝垂れ桜も見事である。
24_g13_shidarezakura_640
そして、桜、花桃、菜の花が、空の青、遠くの山に残る雪の白に映えていた。
24_g12_myoukou_640  

24_g07_nanohana_640_2

24_g01_chikumagawahureaikouen_640

ワイナリーに戻ってガイドツァーに参加してみた。
24_h02_guidetour_640

24_h06_undergroundwinecellar_640
久しくワイナリーには通っているが、以前勝手に見てもいいよと言われてしまったので、きちんと説明を聞くのは初めてである。
樽は、ビニールでくるまれている。
なぜだろうと前々から気になっていたのだが、樽は木でできているので、中のワインが気化していってしまう。
この気化を防ぐために、ビニールを巻いているのだそうだ。
中のワイン減ると空気に触れる面積が増え、雑菌が繁殖しやすくなるので、一週間に一度蓋をあけていっぱいに満たしなおす作業も繰り返される。
24_h05_undergroundwinecellar_640
あらためてワイン造りの苦労を聞いてみると、もっともっと応援したくなる。

今回の宿ヴァンヴェールにチェックインし、おぶせ温泉穴観音の湯に行ってきた。
24_i01_ventvert_640

24_j01_anakannonnoyu_640
あけびの湯は何度か行っているが、穴観音の湯ははじめてである。
こちらが、元湯なのだそうだ。
宿に戻って、この日の走行距離304.8km。

|

« 春の長野 1 ~葡萄の苗木植樹~ | トップページ | 春の長野 3 ~ワインパーティー~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の長野 2 ~桜とワイナリー~:

« 春の長野 1 ~葡萄の苗木植樹~ | トップページ | 春の長野 3 ~ワインパーティー~ »