« 春の長野 6 ~走行備忘録~ | トップページ | 【会津と只見】 磐梯吾妻スカイラインを下る »

2010年4月29日 (木)

【会津と只見】 雪の磐梯吾妻スカイライン

6時前出発し、6時5分、東名の横浜町田ICに入る。
東京料金所までわずか20分、首都高渋谷線の大橋JCTから新しく開通したら中央環状線に入り、熊野町JCT~板橋JCTと抜けていく。
しかし、江北JCTに近づいたあたりから渋滞となってしまい、川口JCTを過ぎて東北道浦和料金所が7時21分であった。

東北道をひたすら走るが、あちこちで渋滞か所があり、羽生PAで朝ごはんを兼ねて休憩したのが8時過ぎ、続いて10時過ぎにも那須高原SAでも休憩し、福島西ICを降りたのは11時32分だった。
横浜町田ICから福島西ICまで314.3km、休憩時間を含めて5時間35分かかったので平均56.29km/h、休憩時間なしだと4時間47分で65.70km/hだった。
ちなみに、東北道だけであれば、浦和料金所から福島西ICまで254.9kmを休憩時間を含めて4時間11分、平均60.93km/h、休憩時間なしだと3時間23分で75.34km/hとなるので、首都高の渋滞が響いたことになる。

R115を少し走ったあと、フルーツラインに曲がり、さらに県道70号に進んでいく。
まもなく山道となってカーブが増えてくると、磐梯吾妻スカイラインの高湯料金所である。
ここで、磐梯吾妻レークライン、磐梯山ゴールドラインのセット券を購入。
ちなみに磐梯吾妻スカイライン(磐梯吾妻道路・28.7km)が1,570円、磐梯吾妻レークライン(第二磐梯吾妻道路・13.1km)が730円、磐梯山ゴールドライン(磐梯山有料道路・17.6km)が930円、合計3230円なので、セット券は530円お得になる。

まず、つばくろ谷で小休止。
29a01_hudousawabashi_640
すでにお昼を過ぎていて、パンがおいしいといいうことなので、パンとコーヒーにする。
29a02_hudousawabashi_640

つばくろ谷から少し走ると、天狗の庭である。
29b01_tengunoniwa_640
ここから、福島市街を見下ろすことができる。
29b02_tengunoniwa_640
さらに走っていくと、雨が落ち、やがて雪になってしまう。
1時少し前、浄土平のパーキング(有料で410円)に入るが、吹雪である。
29c01_joudodaira_640
吾妻小富士はわかるが、反対側にある一切経山は姿が見えない。
29c02_joudodaira_640

|

« 春の長野 6 ~走行備忘録~ | トップページ | 【会津と只見】 磐梯吾妻スカイラインを下る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【会津と只見】 雪の磐梯吾妻スカイライン:

« 春の長野 6 ~走行備忘録~ | トップページ | 【会津と只見】 磐梯吾妻スカイラインを下る »