« 横浜市電保存館 | トップページ | シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ »

2010年3月24日 (水)

黒のシュトラウス像~古い本をみつけた

先だって、ちょっと興味しんしんの本をみつけました。
すぐにはお持ち帰りせず、一晩熟成させて、次の日、お持ち帰りにしました。

ひとつは、ドイツ文学者でオーストリアやウィーンに造詣の深い、池内紀さんが監修している「オーストリア」。
新潮社から出ていた「読んで旅する世界の歴史と文化」シリーズ全16巻のなかの一冊で、1995年5月20日の刊行(入手した本は1997年8月5日の二刷)です。
20100324_001_640

内容は、オーストリアの歴史、民族・宗教、自然と産業、都市ガイド、音楽、演劇、文学、思想・学問、建築、美術・工芸、映画、生活、料理と酒、祭り・歳時記、人物事典と、盛りだくさんで、二段組み、350ページ以上。

もうひとつは、講談社から出ていた「世界の国シリーズ」全19巻のなかの一冊「ドイツ・オーストリア」で、入手できた本はなんと1982年10月8日刊の第一刷。
20100324_002_640

ウィーンのシュタットパークには、ヨハン・シュトラウス二世の像があります。
24030

いまは、金ピカの像ですが、黒かったときの写真がこの本の裏表紙を飾っています。
20100324_003_640

ちなみに、シュトラウスさんが黒から金に変わったのは、1991年のことでした。

これらの本は、これからウィーンに、オーストリアに行こうとするときには、およそ役には立たないことうけあいです。
しかし、15年前、あるいは、30年近く前の頃と変わったところ、変わっていないところなどを探索するのも一興かもしれません。

なお、これらの本が出た時代の通貨単位は当然ながら、ドイツはマルクであり、オーストリアはシリングです。
ドイツ、オーストリアは、2002年の流通開始時にユーロに移行しています。
また、「ドイツ・オーストリア」には「第二次大戦後のドイツについては、西ドイツ(ドイツ連邦共和国)のみを扱っています。」という注釈が書かれています。

|

« 横浜市電保存館 | トップページ | シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒のシュトラウス像~古い本をみつけた:

« 横浜市電保存館 | トップページ | シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ »