« 今からでは遅すぎる~ミルン自伝 | トップページ | 横浜市電保存館 »

2010年3月13日 (土)

鶴岡八幡宮の大銀杏

2010年3月10日に、強風のために根元から倒れてしまった大銀杏にお別れしてきました。
大銀杏は、1219年1月27日に3代将軍源実朝を暗殺した公暁が隠れていたと言われており、1955年から神奈川県の天然記念物に指定されていました。
舞殿から奥にはすすむことができず、石段にもあがれませんでした。

Dsc_1708
すでに重機が設置されています。

Dsc_1710
根元は切断されて、位置をずらして置かれていました。

Dsc_1711
舞殿の西側は立ち入ることができません。

Dsc_1714
幹の空洞がよくわかります。

Dsc_1718
大銀杏の再生を試みるとききました。

Dsc_1725
きょうも大勢の参拝客で賑わっていました。

Dsc_1726  Dsc_1727
源平池にて

|

« 今からでは遅すぎる~ミルン自伝 | トップページ | 横浜市電保存館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡八幡宮の大銀杏:

« 今からでは遅すぎる~ミルン自伝 | トップページ | 横浜市電保存館 »