« 世界路面電車紀行1 ヨーロッパ編I | トップページ | 2010年のお散歩 »

2009年12月28日 (月)

ある日どこかで

Books079
ジャック・フィニィの「ふりだしに戻る」「時の旅人」と同系列の作品である。
まぁ、著者じしんが「私が好きな作家」と言っているようだから。
「ふりだしに戻る」が出たのが1970年、そして「ある日どこかで」が出たのは1975年だが、書き始めたのは1971年のようだから、マシスンの脳裏には「ふりだしに戻る」があったに違いない。

この作品には、実在の人物がさりげなく登場し、実際のしごとと同じしごとをしていたのは笑えたが、これは、マシスンのお遊びだったのか。
お遊びと言えば、脚本版にはJ・フィニイも登場するようなので、ぜひ手にしてみたいものだ。

リチャード・マシスン(Richard Matheson)/著
尾之上浩司/訳
東京創元社

|

« 世界路面電車紀行1 ヨーロッパ編I | トップページ | 2010年のお散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある日どこかで:

« 世界路面電車紀行1 ヨーロッパ編I | トップページ | 2010年のお散歩 »