« おくんちと大還暦(11) | トップページ | おくんちと大還暦(13) »

2009年10月10日 (土)

おくんちと大還暦(12)

長崎市制施行120周年記念里帰りコンサート「大還暦」

10日(4) 大還暦

ステージに向かって、前がいす席、うしろが芝生席となっていて、いす席は全席指定、芝生席はブロック指定である。
1026_640

1027_640
車いす席はいす席の横にあって一段高くなっているが、いす席の15列目あたりから後ろの位置になるので、ステージからはけっこう遠い。
1024_640
なお、車いす席は芝生席料金で入場可能だった。
そして、ステージ両側のスピーカーがせり出しているので、ステージのすべてを見ることはできない。
まっさんのステージでも、石川鷹彦さんや宅間の姿はまったく見えなかった。
いす席の人の中にも、ステージを見切ってしまうことに苦情を言っている人もいた。
あらかじめ見切ってしまうことを告知しておくとともに、場所によって料金に差をつける必要があったのではないか。
知人によれば、「夏長崎から」では毎年会場設計に改良が加えられていたが、今回の企画は「夏長崎から」の時とは別の企画が入っているので、そのへんの配慮が行き届かなかったのではないかということだった。
車いすは10台ほど、介助者などもついて、20人ほどが車いす席を利用した。
芝生席などにも車いすが置かれていたので、車いす利用の入場者はもっと多かったかもしれない。
会場は、基本的に撮影録音録画が禁止である。
開演前のステージや客席の様子を撮ろうと思ったのだが、これもダメ。
しかし、前座のステージの模様は撮影可だという、どうもよくわからん。
場所が確定したので、会場後ろのテントの列を覗いてみることにした。
ピースミュージアムのテントでおにーさんと再会でき、署名活動をしていたので記入してきた。
別のテントで、豚まんを購入。

12時半、女性による太鼓で、前座が始まる。
さださんの色紙プレゼント、実行委員会挨拶、がんばらんば体操の練習(2回)。
1022_640
「もってこーい」の練習、そして長崎北保育園による「竜踊」に続き、市長のあいさつで、コンサートは始まる。
1028_640

1030_640

以下、次のような流れだった。
さだまさし:「長崎小夜曲」、「がんばらんば」
田上長崎市長の挨拶
居留地キッズコーラス「いのち永遠に」
福山雅治のメッセージ
チキンガーリックステーキ:「思い出の渚」「GET BACK」「未来予想図Ⅱ」「踊り明かそう」(バンドとともに)
佐田玲子:「懐郷」「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」「好いと」
中国領事館・総領事の挨拶
Amin:「春よ来い」「桃花源」「海を超えるバトン」(上海万国博覧会テーマソング)
原田知世:新アルバム「eyja」から「fine」他「時をかける少女」
コロッケ:「さそり座の女」(美川憲一)「チューリップ」(田原俊彦)「世界にひとつだけの花」(SMAP・中居)「ずいずいずっころばし」(和田アキ子)「だんご三兄弟」(堀内孝雄)「お猿の籠や」(北島三郎)「象さん」(淡谷のり子)「どんぐりころころ」(ASKA・藤井フミヤ・井上陽水)「どんぐりころころ」(さだまさし・武田鉄也・長渕剛)「契り」(ロボット五木ひろし)
平原綾香:「Jupiter」「ひまわり」(平原まこととともに)「虹色のアーチ」(with 平原まこととともに)「明日」(チキンガーリックステーキとともにアカペラバージョン)「ミオ・アモーレ」
前川清:「長崎は今日も雨だった」「終着駅・長崎」「ひまわり」「時の思い」
さだまさし:「「1989年~渋滞 故大屋順平に捧ぐ」「紫陽花の詩」「精霊流し」「私は犬になりたい¥490」「北の国から」「秋桜」「フェリー埠頭」(平原まこととともに)「小夜曲」「舞姫」
アンコール:「風に立つライオン」
田上長崎市長の挨拶
アンコール:「いのちの理由」(アコースティックバージョン)
前川清の登場は、パンフレットにも掲載されていなくて、サプライズである。
ギリギリまで、スケジュール調整をしていたのだそうだ。
終演は、6時半を過ぎていた。

|

« おくんちと大還暦(11) | トップページ | おくんちと大還暦(13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくんちと大還暦(12):

« おくんちと大還暦(11) | トップページ | おくんちと大還暦(13) »