« おくんちと大還暦(14) | トップページ | The ハプスブルク »

2009年10月14日 (水)

私が見た戦争

Books103
1999年の4月から5月にかけて、ベトナムはハノイからホーチミンまで縦断したことがある。
ホーチミンでは戦争証跡博物館に行ったのだが、建物の一角に「石川文洋 ベトナム報道35年 戦争と平和」常設室があったことを思い出す。
石川さんが使ったニコンFも、ガラスケースのなかで「写真記録 ベトナム戦争」と並んでいた。

本書では、ベトナムに始まり、ラオス、カンボジア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ソマリア、アフガニスタン、そして沖縄、日本、さらに米軍基地をなくしたフィリピン、最後に「命どぅ宝」で締めくくられている。
石川さんが40年以上にわたって撮り続けてきた、集大成である。

石川文洋/著
新日本出版社

|

« おくんちと大還暦(14) | トップページ | The ハプスブルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が見た戦争:

« おくんちと大還暦(14) | トップページ | The ハプスブルク »