« 言葉と戦車を見すえて (ちくま学芸文庫) | トップページ | おくんちと大還暦(2) »

2009年10月 9日 (金)

おくんちと大還暦(1)

9日(1) 羽田

バスは羽田に着き、いつもはターミナル2に直行してしまうのだが、今回は久しぶりにターミナル1での朝ごはんにした。
バスを降りて入ったレストランは16R/34Lに面しているので、JLを中心に、NH、7G、BCが発着する機体を見ることができた。
まずは、7Gの黒いA320-200で、レジのJA04MCは2007年2月導入の4号機のようだ。
1_a320_ja04mc
時間的には、北九州から到着した72便か。
BCのB737-800(JA737R)は出発便なので、福岡行き003便と思われる。
2_b737800_ja737r
JLは、B777-300(JA8941、コブクロの特別塗装)とA300-600R(JA8558)が並んでみたり、おなじみB747-400(JA8918)の姿があったり、B737-800(JA318J)が34Lから離陸したり。
4_a300600r_ja8558

4_b747400_ja8918

4_b737800_ja318j

また、JLはJDから引き継いだ機材を保有しているので、他社では運用していないMD-90(JA8066)の姿を見ることができた。
4_md90_ja8066
NHのB767-300(JA8677)が34Lに着陸し、ターミナル2にタキシングしていく。
3_b767300_ja8677

今回の長崎行きは、NHの午前便の席がとれなかったので、LQを利用することになった。
朝ごはんをすませたら、チェックインのため、ターミナル2に移動する。
LQのカウンターは、北側の一番端にあるので、延々と歩かなければならない。
チェックインをすませ、荷物を預け、搭乗口に向かう。
0914_640
33便はボーディング・ブリッジからの搭乗ではなく、104ゲートからバスで駐機場に向かい、タラップをあがっての搭乗であった。
0915_640
久しぶりの、タラップによる搭乗で、珍しいので、記念写真を撮る人も多い。
0916_640
LQの使用機材はB737-400、3-3の座席配置で、今回の座席は4列目のABである。

|

« 言葉と戦車を見すえて (ちくま学芸文庫) | トップページ | おくんちと大還暦(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくんちと大還暦(1):

« 言葉と戦車を見すえて (ちくま学芸文庫) | トップページ | おくんちと大還暦(2) »