« おくんちと大還暦(6) | トップページ | おくんちと大還暦(8) »

2009年10月 9日 (金)

おくんちと大還暦(7)

9日(7) 吉宗

石段を下って街に戻ると、正面から宝船がやってきた。
0971_640
宝船は、鍛冶屋町が奉納する曳船で、踊り馬場では七回転半を披露したそうだ。
0973_640
ここでは、七福神は乗っていなかった。
路面電車で西浜町へ行く。
電車の窓から、庭先回りが行われているのが見える。
西浜町で降りて浜町アーケードを歩き、途中の100円ショップで、明日のために保冷バックやお菓子を購入、ピクニック気分に近い。
すでに4時近いが、今日はまだお昼を食べていないので、「吉宗」(よっそう)に行く。
0975_640
吉宗では、御一人前(茶碗蒸しと蒸し寿司のセット)に、豚の角煮、小鉢、果物がついた吉宗定食(時期限定2,100円)をいただいた。
0976_640
この大きさでは茶碗蒸しではなく、丼蒸しである。
庭先周りのひとつだろうか、吉宗店先で踊りがあった。
0974_640
吉宗から思案橋、そして花月まで歩いてみる。
0977_640
花月から築町までは、軽い坂越えだった。
築町のスーパーで、ビールを調達。
築町から路面電車に乗ることにしたが、築町電停の長崎駅方面行き(1系統赤迫行き)は、ホームからあふれんばかりに並んでいる。
ホームや線路には数人の長崎電軌のおじさんたちがいるのだが、おくんちの混雑整理なのだろうか。
ボックスから電話が出ていて、どこかへ連絡していた。
大浦天主堂下電停で降りて、買った荷物を置きに、いったんホテルに戻った。

|

« おくんちと大還暦(6) | トップページ | おくんちと大還暦(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくんちと大還暦(7):

« おくんちと大還暦(6) | トップページ | おくんちと大還暦(8) »