« 小淵沢日帰り、清里日帰り(4) | トップページ | 小淵沢日帰り、清里日帰り(6) »

2009年8月16日 (日)

小淵沢日帰り、清里日帰り(5)

清泉寮までは、自然道を歩くことにした。
16
木々を抜けてくる風、鳥のさえずりが聞こえる。
ところどころで、せせらぎの音も聞こえる。
17
18
本館横には、ハーブ畑があった。
19
花には、蜂や蝶が飛んでいた。
20
21

14:00コンサート
17:00終了

00
きょうの平和チャリティーコンサート「高原を渡る風 あふれる緑~木片たちと声の賛歌と祈り」は、今年3月末にオープンしたばかりの清泉寮新館ホールで行われる。
22
23
新館を入り、ロビーを抜けた先に、ホールがある。
24
ホールは、正面が大きなガラスで、バルコニーの向こうは空と木と牧草。
25
暖炉を背にしてマリンバ、ヴィブラフォン、バスマリンバが並び、そして暖炉に太鼓がおかれている。
26
27 

今日は、有賀誠門さん、平形真希子さん、林瑞穂さん、大家一将さんの4人の打楽器奏者で構成される「Upward Rhythms」と、有賀喜美子さんの、合計5人。
第1部は、「Upward Rhythms」をバックにして、有賀喜美子さんのメゾソプラノ。
第2部は、有賀喜美子さんは抜けて、「Upward Rhythms」の演奏。
休憩中は、お客さんたちが楽器をしげしげと眺めていた。
28
29
30
31
32

第1部
1.我らに平和を(Dona Nobins Pacem):ラテン聖歌
2.野薔薇:三木露風作詞・山田耕作作曲
3.樹木の陰で(ラルゴ):オペラ”セルセ”より:ヘンデル作曲
4.献呈:リュッケルト作詩・シューマン作曲
5.トロイメライ:・シューマン作曲
6.愛の賛歌:エディット・ピアフ作詩・モノ作曲
7.涙そうそう:森山良子作詩・BEGIN作曲
8.アルディラ:荒井基裕訳詩・ドニーダ作曲
9.じゃあね:谷川俊太郎作詩・大中恩作曲

第2部
1.木片の音楽:ステx-ブ・ライヒ作曲
2.アダージィョ(Adagio):J.ベネット作曲
3.小フーガ ト短調:J.S.バッハ作曲
4.グリハル河:R.ナンダヤパ作曲
5.UTA VIII:片山あをい作曲
6.ピアノ曲集「カーニバル」より
7.翼をください:村井邦彦作曲
8.アフリカンブルース:ロゲンカンプ作曲
9.鳥の歌:スペイン・カタルーニャ民謡

おまけ
タイトルなし、観客といっしょに

|

« 小淵沢日帰り、清里日帰り(4) | トップページ | 小淵沢日帰り、清里日帰り(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小淵沢日帰り、清里日帰り(5):

« 小淵沢日帰り、清里日帰り(4) | トップページ | 小淵沢日帰り、清里日帰り(6) »