« 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(1) | トップページ | 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(3) »

2009年7月23日 (木)

五島で日蝕、そして軍艦島:23日(2)

上陸すると、まず第1見学広場へ。
23_008_640
この日の見学者は120名あまりで、これを2班に分けて見学開始である。
第1見学広場は崖の下にあり、端島小中学校、貯炭場遺跡が見える。
23_009_640
23_010_640

第2見学広場に移動すると、レンガ造りの総合事務所跡、そして竪坑桟橋跡を見ることができる。
23_011_640
以前は、桟橋から住宅までトンネルが続き、上陸後雨に濡れることなく住宅に入ることができたそうで、そのトンネルのカーブを上から見ることができる。
23_012_640
端島の水は、本土から海底の送水管を使い崖の上の貯水槽までパイプで送られていた。
23_013_640
本土からのパイプが通っていた穴が、そのまま残っている。
23_014_640

第3見学広場からは、大正6年に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート7階建ての第30号アパートの姿を見ることができる。
23_015_640
また、背後には25メートルプールもある。
23_016_640

見学ルートは、舗装され段差もないので、サンダルやヒールのある靴でも移動はできる。
23_017_640
だが、船から上陸後、狭い階段を登らなければならないことで、外海からの波が直接打ち付けるので、船もかなり上下することから、危険を防止するためにはサンダルやヒールのある靴は不可であり、また、車いすも危険であると判断しているのだろう。
この日も、1メートル以上上下するので、チャンスとみたら、いそいで乗船しなければならなかった。
23_018_640

|

« 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(1) | トップページ | 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(2):

« 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(1) | トップページ | 五島で日蝕、そして軍艦島:23日(3) »